ラッシュライフ 新潮文庫

伊坂幸太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101250229
ISBN 10 : 4101250227
フォーマット
出版社
発行年月
2005年04月
日本
追加情報
:
16cm,469p

商品説明

未来を決めるのは神の恩寵か、偶然の連鎖か。進化する伊坂幸太郎、一気読みまちがいなしの傑作。待望の文庫化。

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場――。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。

<伊坂幸太郎>1971年千葉県生まれ。1995年東北大学法学部卒業。1996年サントリーミステリー大賞で、『悪党たちが目にしみる』が佳作となる。2000年『オーデュボンの祈り』で、第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。2003年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞を、2004年「死神の精度」で第57回日本推理作家協会賞短編部門を受賞した。著作に『オーデュボンの祈り』(新潮社)『ラッシュライフ』(新潮社)『陽気なギャングが地球を回す』(祥伝社)『重力ピエロ』(新潮社)『アヒルと鴨のコインロッカー』(東京創元社)『チルドレン』(講談社)『グラスホッパー』(角川書店)『死神の精度』(文藝春秋)『魔王』(講談社)『砂漠』(実業之日本社)『終末のフール』(集英社)『陽気なギャングの日常と襲撃』(祥伝社)『フィッシュストーリー』(新潮社)『ゴールデンスランバー』(新潮社)がある。

内容詳細

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場―。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。

【著者紹介】
伊坂幸太郎 : 1971(昭和46)年千葉県生れ。’95(平成7)年東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で、新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。’02年刊行の『ラッシュライフ』が各紙誌で絶賛され、好評を博す。’03年に発表した『重力ピエロ』は、ミステリファン以外の読者からも喝采をもって迎えられ、一気に読者層を広げた。また『重力ピエロ』で、七〇年代生れとしては、初の直木賞の候補となる。’04年に『チルドレン』、’05年には『グラスホッパー』が直木賞候補に。’04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞受賞。洒脱なユーモアと緻密な構成で読む者を唸らせ、近年希にみる資質の持ち主として注目を浴びている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
豊田という失業者の話が好きだ。就職活動中...

投稿日:2021/02/27 (土)

豊田という失業者の話が好きだ。就職活動中の無力な中年男が一匹の野良犬に出会い、人生が動いていくなんて泣けるじゃねーか。しっかし伊坂先生はビートルズ好きすぎだろwww

みっちゃん さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
4つの物語… しかし、そこに仕掛けが… ...

投稿日:2010/08/11 (水)

4つの物語… しかし、そこに仕掛けが… こういうトリックは面白い。

fumi さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
よぉ、こんなん考えるわ!! ってのが、...

投稿日:2009/05/30 (土)

よぉ、こんなん考えるわ!! ってのが、読後の率直な感想。 全く関係ないと思っていた登場人物達がラストで一気に繋がっていく。 パズルのピースがパタパタとはまっていくかのように。 絵の全体像が見えてから、もう一度読むのも面白いハズ。 泥棒の黒澤氏が、素敵です。 ―――人生については誰もがアマチュアなんだよ。誰だって初参加なんだ。 人生にプロフェッショナルがいるわけがない。まぁ、時には自分が人生のプロであるかのような知った顔した奴もいるがね、とにかく実際には全員がアマチュアで、新人だ。

naco さん | 奈良県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • サム・ミイラ さん

    短編のような長編。四つの物語は並走しながら絡み合いバラバラだった話も人物も全てが一つに収束していく様は本当に見事。これを推理小説と呼んでいいのか迷う処も伊坂幸太郎らしさと言えそう。内容的にはかなりグロい部分もあり、もはやブラックジョークを超越しているが彼が書くとどこかユーモラスでメルヘンチックで嫌悪感なく読めるのが不思議。着目すべきは時系列なようでさにあらずここにトリックを配している点。後のゴールデン・スランバーなどにも通じる伊坂幸太郎の世界がここにある。

  • ヴェネツィア さん

    4つの物語とそれを外枠から囲むもう一つの物語。それぞれは別々の物語であり、それ自体には求心性はない。ただし、物語の空間は限定的であり、仙台がその舞台だ。しかも、駅前には「何か特別な日に」の垂れ幕とエッシャー展のポスターがある。ここが物語のいわば結節点だ。読者の興味はひとえにこれら一見バラバラの物語がどのように統合されていくのかにあるのだろう。そして、それは一応成功してはいる。ただし、これはミステリーではないものの、ミステリー的な意味では無理も多く、リアリティは大いに問題でもある。また、登場人物たちの⇒

  • HIRO1970 さん

    ⭐️⭐️⭐️最近ハマりつつある伊坂さん。かなり綿密に練られたお話しで、5組のストーリーが変わる代わる交錯しながら多少時間を前後しつつ進行して行きますが、一体どんな結末なのか最後まで本当に分からず非常に楽しめました。様々な登場人物が時間と空間のある一点で交わる際に互いに影響し合い物語が展開する感じの印象が以前見ていたアメリカのテレビドラマのヒーローズに近い感覚がしました。同時代の映画、音楽、書籍、絵画等の様々な要素のエッセンスが垣間見れるのも伊坂作品の安定した楽しみだと思います。オススメです。

  • まひはる さん

    パズルを解くような面白さがある小説だ。登場人物たちの、バラバラに見える生活が、最後はリンクする。ピースをはめていくような、爽快な気分に。

  • たる さん

    仙台を舞台とした群像劇方式の小説。 それぞれの登場人物の好きな日本語を問う外国人の使い方(時間軸の答え合わせ)が秀逸だった。 前半にあれだけ放った伏線の数々をきちんと収斂していく。読んでいてにやりとしてしまった。 豊田が憧れたエッシャーの騙し絵の「壁によりかかり城の上を眺めている男」は、きっとその老犬なんだろう。未来を決めるのは人の交互作用だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊坂幸太郎

1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞を、「死神の精度」で第57回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。08年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞

プロフィール詳細へ

伊坂幸太郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド