ホワイトラビット 新潮文庫

伊坂幸太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101250328
ISBN 10 : 4101250324
フォーマット
出版社
発行年月
2020年06月
日本
追加情報
:
361p;16

内容詳細

「このミステリーがすごい!」2018年版「第2位」の傑作が、遂に文庫化! 前代未聞の白兎事件とは! 読み手を魅了する伊坂マジックの最先端!


【著者紹介】
伊坂幸太郎 : 1971(昭和46)年千葉県生れ。’95(平成7)年東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で、新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。’04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞受賞。’08年『ゴールデンスランバー』で本屋大賞と山本周五郎賞を受賞。’14年『マリアビートル』で大学読書人大賞、’17年『AX』で静岡書店大賞(小説部門)を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 五右衛門 さん

    読了。当然のことながら新品買いました。ネット購入なのでうちわしおり貰えませんでしたが。相変わらず冴え渡っていました。黒澤。ですよねー!!!今回の作品はいつもより丁寧に少し時間を戻そうとか読み手を騙そうとか混乱させてやるぞ等の思惑が無くしっかり作者に付いて行けました。けれども謎解き回答編では仰け反って天を仰ぎました。冬ならばオリオン座がみえたかもですが。そこなんですよね。伊坂作品の真骨頂は!兎田の皮が剥がされたのを綿(神話では蒲の花)で癒すのかな。この作品は近々再読候補です。それに泥棒探偵続編希望です。

  • nobby さん

    これがまさに伊坂幸太郎ってヤツだね♬序盤から唐突に語られ出すオリオン座の蘊蓄からのオリオオリオこと折尾なるターゲット。それを追うのはうさぎ座もとい兎田とは因幡のホワイトラビット!?黒澤さん登場に思わず気分は最高潮(笑)正直、中盤までは事態の把握に戸惑うばかりだったが、天の声に導かれて時系列が合わさると「あー」と溜め息もらして悶絶…そうなればもうあらゆる事柄が伏線回収されるのは爽快そのもの!なかでも機動隊シールドの活躍には唸らされた。よんどころない事情が招いた混迷極まった一夜が静かに幕をおろされるのがいい。

  • ponpon さん

    営利誘拐グループの資金を持ち逃げした自称コンサルタントを追跡する過程で、仙台市郊外の住宅街で籠城事件を引き起こした兎田。警察にも包囲され…。頻繁にレ・ミゼラブルが引用され外国文学的な修辞に、あれ?と思うが、登場人物の掛合い等は伊坂さんだなと思い、物語世界に引き込まれます。登場人物の思惑とはうらはらの展開に、あれ?と思わせての怒濤の決着は見事で、作者の設けた引っ掛けに嵌まったなと。償うべき罪はしっかりと償い、懲らしめられるべき悪人は懲らしめられる結末には爽快さを感じます。大満足の一冊でした。

  • てつ さん

    誘拐、立てこもり、殺人、空き巣、詐欺、過失致死、家庭内暴力、監禁致傷など、様々な犯罪と警察、誘拐会社、空き巣集団などが絡みあって、訳がわからなくなる物語。とにかくはちゃめちゃで面白い。

  • 俊一 さん

    帯にある『全てを、疑え!』通りの作品。伊坂さんの作品は、止まらなくなりますねぇ。楽しめました。黒澤、夏之目が良かったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊坂幸太郎

1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞を、「死神の精度」で第57回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。08年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞

プロフィール詳細へ

伊坂幸太郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品