サブマリン 講談社文庫

伊坂幸太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065145951
ISBN 10 : 4065145953
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
追加情報
:
345p;15

内容詳細

家庭裁判所調査官の武藤は貧乏くじを引くタイプ。無免許事故を起こした19歳は、近親者が昔、死亡事故に遭っていたと判明。また15歳のパソコン少年は「ネットの犯行予告の真偽を見破れる」と言い出す。だが一番の問題は傍迷惑な上司・陣内の存在だった!読み終えた瞬間、今よりも世界が輝いてみえる大切な物語。

【著者紹介】
伊坂幸太郎 : 1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。’04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、「死神の精度」で第57回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。’08年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞と第21回山本周五郎賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 五右衛門 さん

    読了。いつも通り文庫発売日朝一番に購入させて頂きました。久しぶりに陣内さん❗切れっ切れでしたね。相変わらず飄々としていながら難しい問題に割りと正面からぶつかり【あえて突っ込んで行ってますが】答えじゃないかも知れないけれど帯にもあったように少し光が差しそうな、差したらいいのになと思わせてもらいました。途中で打ち切りになった漫画の結末、救命して助かった方からの連絡、生きていてこそですよね。明日も少しだけ頑張ってみます。その辺に陣内さん居ません?

  • H!deking さん

    待ちに待った文庫化!いやー、熱い。今回も面白かった!っていうより前作より格段に面白くなってる。最後は鼻がぐずぐずになってしまった。伊坂さんてこういうのあるからやめられないのよね〜。これは再読候補決定!

  • まりも さん

    これは家庭裁判所調査官が、罪を犯した子供達を更生させる為に奔走する姿を描いた物語である。深い。加害者となり罪を一生抱える事になった人と、一生消えることのない心の傷を負わされる事になる被害者。少年法とは何のために、誰の為にあるのか。これらのテーマだけだと物語が暗く重たいものになってしまうが、それを軽妙な会話と愉快なキャラクターでコーティングし、娯楽として楽しむと同時に社会についても考えさせられる。これは伊坂幸太郎だからこそ描けた物語だろう。陣内さんカッコいいわ。部下にはなりたくないけど(笑)

  • ふう さん

    重く、答えの見えないテーマですが、陣内さんのおかげで人を嫌いにならず、希望の感じられる作品でした。チルドレンから10年ぶり。はた迷惑だけど、心の中にたっぷりの愛情を隠し持っている陣内さんはすてきな大人です。迷言も多いけど名言もたくさん。監察中の青年の家に行って発した言葉、「友達が遊びに来ているんだろうが」を読んだときには、こちらまで胸が熱くなってしました。深い海の中からゆっくり光のさす方へ…伊坂さんの思いが伝わってきます。

  • 佐島楓@勉強中 さん

    魅力的な登場人物が多くて救われる。正義とは何か。私もニュースを見ているとぽろっと放言してしまうけれど、それは被害者・加害者の側に立ったことがないからだということに気づかされる。もちろん加害者になってはいけない。しかし彼らの中にもし正義があり、それが納得できるものだとしたら? また過失による殺人の責任の所在とは? タイムリーな話題でもあり、考えるには良い作品なのではないだろうか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

伊坂幸太郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品