ゴールデンスランバー 新潮文庫

伊坂幸太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101250267
ISBN 10 : 410125026X
フォーマット
出版社
発行年月
2010年12月
日本
追加情報
:
16cm,690p

商品説明

俺は犯人じゃない! 巨大な陰謀に追い詰められた男。スリル炸裂超弩級エンタテインメント。山本周五郎賞、本屋大賞ダブル受賞。

衆人環視の中、首相が爆殺された。そして犯人は俺だと報道されている。なぜだ? 何が起こっているんだ? 俺はやっていない──。首相暗殺の濡れ衣をきせられ、巨大な陰謀に包囲された青年・青柳雅春。暴力も辞さぬ追手集団からの、孤独な必死の逃走。行く手に見え隠れする謎の人物達。運命の鍵を握る古い記憶の断片とビートルズのメロディ。スリル炸裂超弩級エンタテインメント巨編。

<伊坂幸太郎>1971(昭和46)年千葉県生れ。1995(平成7)年東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で、新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。2002年刊行の『ラッシュライフ』が各紙誌で絶賛される。2003年『重力ピエロ』、2004年『チルドレン』、2005年『グラスホッパー』、2006年『死神の精度』、『砂漠』が直木賞候補に。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞受賞。洒脱なユーモアと緻密な構成で読む者を唸らせ、近年稀にみる資質の持ち主として注目を浴びている。2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞と山本周五郎賞を受賞。近作に『魔王』、『SOSの猿』、『オー!ファーザー』、『バイバイ、ブラックバード』、『マリアビートル』がある。

内容詳細

衆人環視の中、首相が爆殺された。そして犯人は俺だと報道されている。なぜだ?何が起こっているんだ?俺はやっていない―。首相暗殺の濡れ衣をきせられ、巨大な陰謀に包囲された青年・青柳雅春。暴力も辞さぬ追手集団からの、孤独な必死の逃走。行く手に見え隠れする謎の人物達。運命の鍵を握る古い記憶の断片とビートルズのメロディ。スリル炸裂超弩級エンタテインメント巨編。

【著者紹介】
伊坂幸太郎 : 1971(昭和46)年千葉県生れ。’95(平成7)年東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で、新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。’02年刊行の『ラッシュライフ』が各紙誌で絶賛される。’03年『重力ピエロ』、’04年『チルドレン』、’05年『グラスホッパー』、’06年『死神の精度』、『砂漠』が直木賞候補に。’04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞受賞。洒脱なユーモアと緻密な構成で読む者を唸らせ、近年稀にみる資質の持ち主として注目を浴びている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
読むのが映画化の後でしたがその映画を見て...

投稿日:2012/01/27 (金)

読むのが映画化の後でしたがその映画を見てないので、青柳君が堺さんの映像でリアルに想像でき一気に読めました。「国家は利権で動く。」

Zoe さん | 大阪府 | 不明

1

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    本書は伊坂幸太郎氏にとっても、自信作であっただろうし、また執筆に際しても、事前調査の段階からことさらに力が入っていたように思われる。着想の元になったのは大きくは2つ。すなわち、ケネディ暗殺事件(その後も含めて)と、G・オーウェルの『1984年』である。「娯楽小説に徹した」とされ、ご本人も「読んだ方が真に受けないでくださればいいな」などと殊勝そうなことを言っているが、それは韜晦に他ならない。一見、荒唐無稽に見える構成もなかなかに緻密であり、セキュリティポッドのアイディアなども怖いくらいのリアリティがある。

  • サム・ミイラ さん

    重力ピエロの次はこれ!映画も観たしね。でもやはり原作は読むべきですね。大筋は一緒でも構成と展開は全く別物です。とにかく逃げて逃げまくる緊張感は半端なく、ラストまで一気に読ませてくれます。特に違うのが読後感。映画では敗北感や悔しさが強く残ったけれど小説では一矢報いた気分になれます。これはやはり構成の巧みさによる処が大きいと思います。しかしこんな切迫した中でも会話のセンスがほんとに凄い。凄すぎる。ビートルズ、中でもポールが好きなこともよく伝わってきます。読んでよかったと思える作品でした。

  • HIRO1970 さん

    ⭐️⭐️⭐️伊坂さんはまだ6冊目です。ハズレの少なさの驚きがまだ持続しており、読みながら楽しさに思わず笑みがこぼれてしまいます。《初めて使いましたが、こんな感じの時にはぴったりの表現かと思います》伊坂さんの作品は自分的には関わりの多くない仙台を舞台にした話が多いのですが、それでもこれだけ持続して楽しめるので私より土地勘のある人はもっと物語に入り込めるのでは無いかと、ちょっと悔しささえ感じてしまう程です。皆さんにオススメします。

  • absinthe さん

    オススメ本。上質のスリラー&サスペンス。顛末は書かれても謎解きは無い。ただ本書を読めば複雑な謎解きは無用だと分かる。文章力があるのか描写がうまいのだろう。時系列はバラバラに切り刻まれるが、読んでいて混乱することは無い。これを読み出したら、誰でも手が止まらなくなるはず。きっとみんな、主人公に「たいへんよくできました」と言ってあげたくなる。

  • 遥かなる想い さん

    本屋大賞・山本周五郎賞 ダブル受賞の本作品がようやく文庫になったので、早速 買って読んだ。伊坂 幸太郎健在か。ケネディ暗殺におけるオズワルドをもじったストーリー仕立ては、あきることなく展開していく。別れた彼女の樋口晴子の存在も微妙に小気味よい。 (2009年このミス国内第一位)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

伊坂幸太郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド