柳田國男先生随行記

今野圓輔

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309030319
ISBN 10 : 4309030319
フォーマット
出版社
発行年月
2022年03月
日本
追加情報
:
211p;19

内容詳細

太平洋戦争開戦1か月前。東京から九州まで、二人きりの密着電車旅。柳田國男に師事していた著者が、1941年、柳田の九州講演旅行に同行した東京〜九州17日間の鉄道紀行。辛辣かつユーモラスな、柳田國男の素の姿が伝わる貴重な記録。「随行後記」と「先生との対話抄」も収録。

目次 : 木曽路から名古屋へ(第一日目)―昭和一六年一一月一三日/ 霞と靄と霧と/ 御供のむつかしさ/ 奈良を経て京都へ(第二日目)―昭和一六年一一月一四日/ 京都から神戸へ(第三日目)―昭和一六年一一月一五日/ 瀬戸内海航路、別府まで(第四日目)―昭和一六年一一月一六日/ 別府から小倉へ(第五日目)―昭和一六年一一月一七日/ 「最近の文化運動と民俗学」(西部朝日新聞社講堂第一日目講演要旨)―昭和一六年一一月一七日/ 小倉高女の講演と延命寺の昼食会(第六日目)―昭和一六年一一月一八日/ 「九州と民俗学」(西部朝日新聞社講堂第二日目講演要旨)―昭和一六年一一月一八日〔ほか〕

【著者紹介】
今野圓輔 : 1914年8月10日、福島県相馬郡八幡村生まれ。慶應義塾大学に入学し佐藤信彦、折口信夫らの講義を受けた。在学中に柳田國男らの「民間伝承の会」に入り民俗学を学ぶ。1942年に毎日新聞社に入社、新聞記者のかたわら日本民俗学会評議員などを歴任した。1982年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tamami さん

    1983年に刊行された『柳田國男随行記』の復刊。毎日新聞記者で、お弟子筋に当たる著者が、柳田國男の講演旅行に同行した折のメモと、戦中から戦後にかけての柳田先生取材記から成っている。柳田が東京から中央線で名古屋まで行き、その後2週間余りをかけて西日本各地を旅行した折りの同行記が面白い。碩学が行く先々の景物の解説をしながらの著者とのやりとり、公演先での見聞と講演の要旨、皆々当時の雰囲気と関係する人々の人柄等が直接に窺える文章で、書店店頭での予想がピタリと当たった思いである。とりわけ驚くのは、本書にまとめられた

  • 桐葉 さん

    毎日新聞の書評に載っていたのを,図書館の新刊コーナーで見つけてラッキー。そのころの学者では日本一と思われる大先生の旅行のお供を田舎出の若者が17日間もすれば,何か書き残したくもなると思う。先生の博覧強記というか,どこを旅してもその地を解き明かす記憶力・碩学に,感嘆した。三人の先生の人間性を語っているところも面白い。復刻されて読むことができてうれしい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

今野圓輔

1914年8月10日、福島県相馬郡八幡村生まれ。慶應義塾大学に入学し佐藤信彦、折口信夫らの講義を受けた。在学中に柳田國男らの「民間伝承の会」に入り民俗学を学ぶ。1942年に毎日新聞社に入社、新聞記者のかたわら日本民俗学会評議員などを歴任した。1982年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載さ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品