言葉以前の哲学 戸井田道三論

今福龍太

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787723000
ISBN 10 : 4787723006
フォーマット
出版社
発行年月
2023年06月
日本
追加情報
:
240p;19

内容詳細

戸井田道三の柔らかな日常哲学を発見するために。「住」「舌」「母」「性」「時間」「色」「旅」をテーマに、“言葉以前”の無意識領域を訪ねる七編の論考。

目次 : 1 非土着のネイティヴ―土地に住むこと/ 2 言葉以前へのまなざし―舌でしゃべること/ 3 乳色の始原へ―母を思うこと/ 4 思考のヘルマフロディーテ―性を超えること/ 5 翁語りの深淵―時間を生きること/ 6 歴史の昂進―色が移ろうこと/ 7 はるかに、遠くへ―旅に憧れること

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

今福龍太

文化人類学者・批評家。1980年代初頭からラテンアメリカ各地で人類学的なフィールドワークに従事。早くから写真、映画、音楽、メディア、スポーツ、文学等の領域でも旺盛な批評活動を展開。2002年から奄美・沖縄・台湾の群島を結ぶ遊動型の野外学舎“奄美自由大学”を主宰。ブラジルのサンパウロ・カトリック大学で

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品