こちらあみ子 ちくま文庫

今村夏子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480431820
ISBN 10 : 4480431829
フォーマット
出版社
発行年月
2014年06月
日本
追加情報
:
240p;15

内容詳細

あみ子は、少し風変わりな女の子。優しい父、一緒に登下校をしてくれ兄、書道教室の先生でお腹には赤ちゃんがいる母、憧れの同級生のり君。純粋なあみ子の行動が、周囲の人々を否応なしに変えていく過程を少女の無垢な視線で鮮やかに描き、独自の世界を示した、第26回太宰治賞、第24回三島由紀夫賞受賞の異才のデビュー作。書き下ろし短編「チズさん」を収録。

【著者紹介】
今村夏子著 : 1980(昭和55)年生まれ。「あたらしい娘」(「こちらあみ子」に改題)で第26回太宰治賞を受賞。単行本『こちらあみ子』で第24回三島由紀夫賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
全体的に暗く、あみ子の能力の低さもあって...

投稿日:2021/07/17 (土)

全体的に暗く、あみ子の能力の低さもあって、どんよりしています。読後感はそれほど良いものではなかったです。感動する内容ではないです。

百合の花束 さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 徒花 さん

    普通とはちょっと(だいぶ?)違う感性を持った女の子・あみ子と家族、そして学友たちとの物語をつづったいわゆる文学チックな作品。文章はうまいからさらさらと読んでいけるのだが、いかんせん物語に起伏がないので盛り上がりに欠ける。とくに、物語の冒頭から最後まで、主人公であるあみ子のなかでなんら心境の変化が起こらず、あみ子が最後まであみ子であり続けるのがちょっと残念な気がした。それに比べると、次の作品『ピクニック』のほうは、主人公の女性を取り巻く女性たちの感情の変化が現れて、まだおもしろい。

  • しんごろ さん

    ウワーッと叫んで、頭を抱えるくらい感想に困る作品でした。特にインパクトがあるわけではないのに、グイグイと引きこまれ、気づいたら自分が各登場人物に当てはめて、この立場なら、どうするんだろうと考えさせられました。あみ子を含め、『ピクニック』の七瀬さん、『チズさん』のチズさんしかり、その場にいたら、きっと鬱陶しく感じるだろうけど、この各主人公の純真無垢な優しさ無邪気さが、鬱陶しく感じながらも、自分の心を救ってくれてる気がしました。だから読後も気になるんですね。いつかまた再読したいです。

  • 馨 さん

    『こちらあみ子』と『ピクニック』『チズさん』の3作。今村さん作品の読了後の何とも言えない不愉快などんよりとした気分は健在。でもなぜかスッキリ感のあるどんより感みたいな表現出来ない不思議な後味。ハッピーエンドでもバッドエンドでもない。主人公はどこか世間一般とかけ離れた感性を持ち、普通を好む人たちに受け入れられず上手に生きることが出来ないキャラが多いのですが、少なからず似たところが自分にあるような気がし主人公が納得しているなら良いのだろう、この後の主人公の人生も追いかけていたい思いにかられます。

  • 夢追人009 さん

    芥川賞作家・今村夏子さんの原点となるデビュー作品集。私は本書を読んで完全に著者の本質を理解できた気がします。「こちらあみ子」の風変わりな少女あみ子の同級生のり君への恋心「ピクニック」の七瀬嬢が恋人げんき君に尽くす献身「チズさん」のお婆さんに対する私の執着はそのまま「むらさきのスカートの女」の権藤チーフの日野まゆ子への親切心と本質的に同一なのではありませんか!純粋無垢のピュアで一途な心を私は笑ったり不気味に思えたりはできません。私は著者が異常性の裏側にある拒絶された者の悲哀を書きたかったのだと思うのですね。

  • さてさて さん

    この作品を読み始めた読者は何か不自然な感覚、感情がずっと付き纏うことに気づきます。こちら側からは違和感の象徴でしかないあみ子、しかし、そのあみ子の側の世界を見てしまった読者は、それを違和感と単純に切り捨てることが出来なくなっています。いつまでも読者の中に引っ掛かりとして残り続ける、それがこの物語なのだと思います。〈こちらあみ子〉、圧倒的なインパクトを持つこの作品。あみ子のことをいつまでも考えてしまう自分がいる、何か引っ掛かりをいつまでも感じてしまう自分がここにいる、とても不思議な印象の残る作品でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド