ザ・日本史推理(仮)PHP文庫

井沢元彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569768908
ISBN 10 : 4569768903
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
追加情報
:
294p;16

内容詳細

なぜ天武天皇は「壬申の乱」を起こしたのか。なぜ小野小町が「日本一の美女」とされているのか。なぜ浅野内匠頭は吉良上野介に斬りかかったのか―。歴史の史料には、書き手にとって都合の悪い内容は省かれている。著者は丹念な論理の積み重ねと、当時の日本人の価晋観や思想への深い洞察により、史料の「空白」を埋めて日本史の謎を解き明かしていく!『歴史「不思議」物語』を改題。

目次 : 1 飛鳥〜鎌倉時代編(壬申の乱が唐からの脅威を救った理由/ なぜ『日本書紀』は天武天皇の生年を記していないのか/ “天智暗殺”の真犯人は誰か/ 猿丸大夫とは何者か/ 小野小町はなぜ日本一の美女とされているのか ほか)/ 2 戦国〜江戸時代編(なぜ上杉謙信は天下を狙わなかったのか/ 毛利元就が仕組んだ“相続劇”の真相/ 信長は皇位を簒奪するつもりだったのか/ 信長の兵はなぜ略奪を行なわなかったのか/ 桶狭間の奇襲はなぜ成功したのか ほか)

【著者紹介】
井沢元彦 : 作家。昭和29(1954)年、愛知県名古屋市生まれ。早稲田大学法学部卒業。TBS報道局(政治部)の記者時代に、『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞。退社後、執筆活動に専念する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • すうさん さん

    「逆説の日本史」の著者による「学校では教えてくれない」シリーズの特別版。壬申の乱、猿丸太夫、小野小町、上杉謙信、織田信長、徳川家康の家臣、酒井忠次と黒田長政、浅野内匠頭の歴史上の出来事を彼なりに解き明かしている。特に私は壬申の乱や上杉謙信、織田信長の話が好きだった。彼の語り口調は学者的でなく、歴史の大好きな語り部のようで、私のように歴史にそれほど詳しくない人にとっては魅入られてしまう。歴史は後世の人たちにどのように解釈され理解されていくのかといったことが大事で、決して真実だけが全てでないと思えてくる。

  • ふたば さん

    一つの考え方として、なくはないだろうなと思う部分と、や、それはないだろうという部分。同じ資料を基にしても、そこからどういう風に論旨の骨格を汲み上げるか、はそれぞれである。歴史学者は文献を重視する。その文献が信用できるかどうかは個人の判断によるだろう。日本書紀の内容をすべて是とする考え方は古くから根付いたもので、権威と呼ばれるお歴々はほとんどここに固まっている。したがってこれ以外の説を唱えるとぶっ叩かれるか、無視される。それでも多くの異論が出てくることで、少しずつ研究が進むのだろう。

  • akamurasaki さん

    「日本史推理」のタイトル通り、探偵の手帳のごとく要所要所で「推理point」として要約され、章ごとに「推理file」として箇条書きで要点がまとめられている。これは後々読み返そうとしたときに便利かも。いわゆる「大本営発表」である歴史書をやみくもに信じすぎず、行間を読んで本当の歴史を推理していこうというもの。個人的には小野小町の正体はなるほど〜と思いました。著者がよく書かれている「怨霊」や「ケガレ」については本書ではあまり出てきませんでした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

井沢元彦

作家。1954年名古屋市生まれ。早稲田大学法学部卒。TBS報道局在籍中の80年『猿丸幻視行』で第二六回江戸川乱歩賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

井沢元彦に関連するトピックス

  • 激動の「幕末年代史編」ついに完結! 「週刊ポスト」の好評連載シリーズ書籍化の最新版『逆説の日本史 21』。坂本龍馬暗殺の真犯人は誰だ?、といった歴史ファ... |2014年11月20日 (木) 10:12
    激動の「幕末年代史編」ついに完結!

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品