吉里吉里人 上 新潮文庫

井上ひさし

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101168166
ISBN 10 : 4101168164
フォーマット
出版社
発行年月
1985年09月
日本
追加情報
:
16cm,501p

内容詳細

ある六月上旬の早朝、上野発青森行急行「十和田3号」を一ノ関近くの赤壁で緊急停車させた男たちがいた。「あんだ旅券ば持って居だが」。実にこの日午前六時、東北の一寒村吉里吉里国は突如日本からの分離独立を宣言したのだった。政治に、経済に、農業に医学に言語に…大国日本のかかえる問題を鮮やかに撃つおかしくも感動的な新国家。日本SF大賞、読売文学賞受賞作。

【著者紹介】
井上ひさし : 1934‐2010。山形県生れ。上智大学文学部卒業。浅草フランス座で文芸部進行係を務めた後、「ひょっこりひょうたん島」の台本を共同執筆する。以後『道元の冒険』(岸田戯曲賞、芸術選奨新人賞)、『手鎖心中』(直木賞)、『吉里吉里人』(読売文学賞、日本SF大賞)、『不忠臣蔵』(吉川英治文学賞)、『シャンハイムーン』(谷崎潤一郎賞)、『東京セブンローズ』(菊池寛賞)、『太鼓たたいて笛ふいて』(毎日芸術賞、鶴屋南北戯曲賞)など戯曲、小説、エッセイ等に幅広く活躍した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • レオーネ さん

    傑作だ。荒唐無稽で実にくだらないが、ものすごく面白い。ただ難を言えば、少し長すぎる。なかなか先に進んでくれない。しかし、それを差し引いても読む価値はこの本にはある。

  • レアル さん

    東北の「吉里吉里村」が、日本からの独立を宣言するという話。作者の遊び心満載で、バカバカし過ぎる構成と描写が突飛で面白い。しかしそのバカバカしさの中にも一光する真面目な時事問題。物語だけでなくこちらも楽しむのが、この本の読み処なのかもしれない。東北弁で進む吉里吉里国のお話で読みにくいが、その東北弁が物語をより一層面白くしているように思えるし、またどのように展開するのか続きも気になる。引き続き中巻へ!

  • サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥) さん

    読んだのは学生の頃。東北の寒村が突如として日本から独立を宣言し「吉里吉里国」となるという話。第2回の日本SF大賞作品でもある。これがSFなの?って言うことは置いといて、荒唐無稽な設定であり、上中下巻という超大作なのにぐんぐんと引き込まれていったのを覚えている。単に荒唐無稽な話というだけでなく、当時抱える地方自治の問題なども風刺的に絡められていたからだろう。その後の作品である村上龍氏の「希望の国のエクソダス」に通じるものがあると思う。★★★★

  • ともくん さん

    空前絶後。 奇想天外。 抱腹絶倒。 前代未聞。 なんと言い表せばいいのか分からない。 日本から独立した、吉里吉里国。 日本の中にあって、日本ではない国。 吉里吉里国で繰り広げられる、悲喜劇が幕を開ける。

  • s-kozy さん

    東北の一寒村が独立宣言!自給自足で自家発電!興味津々で読んでいくと博覧強記で気宇壮大にして針小棒大かも。さらに四民平等、そして平和憲法!!この作者の頭脳はどうなっているのか?続きが楽しみです。「わたしたちの言葉でものを考え、仕事をし、生きていきたい。」に熱く共感しました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

井上ひさし

1934年、山形県生まれ。上智大学文学部卒業。浅草フランス座で文芸部進行係などを経て文筆業に入り、戯曲やテレビ脚本で数々の賞を受賞。著書に『手鎖心中』(直木三十五賞)、『吉里吉里人』(読売文学賞、日本SF大賞)、『腹鼓記』『不忠臣蔵』(吉川英治文学賞)、『シャンハイムーン』(谷崎潤一郎賞)、『東京セ

プロフィール詳細へ

井上ひさしに関連するトピックス

  • 二宮和也出演の映画を観る前に読みたい本 山田洋二監督の映画「母と暮せば」は、井上ひさし作の戯曲『父と暮せば』と対になる作品。娘を思い全力を尽くす父親の姿を描... HMV&BOOKS online|2015年10月10日 (土) 16:14
    二宮和也出演の映画を観る前に読みたい本

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品