アダルト 下 大人になった二階堂ふみがきいた話

二階堂ふみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838728428
ISBN 10 : 4838728425
フォーマット
出版社
発行年月
2016年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
鈴木心 ,  
追加情報
:
156p;13X19

内容詳細

21歳になった二階堂ふみが、人生の先輩たちにインタビュー。『POPEYE』の人気連載「二階堂ふみのインタビュアー道。」の書籍化。撮り下ろし写真やスペシャルインタビューも収録。

「大人ってさ、子供の想像の産物でしょう?」――リリー・フランキー
「やっぱり二階堂さんは現世の人と結婚できない人なんだなぁって」――美輪明宏

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐうぐう さん

    二階堂ふみインタビュー集『アダルト』。下巻は、彼女が20歳から21歳、まさしくアダルトになってから行われたインタビューが収録されている。大人になった彼女が「大人って何だと思いますか?」と対談相手にいつも問うのは、まだ大人になりきれていない未熟さからというよりも、大人になった覚悟の上での確認作業のように思える。事実、二階堂ふみは実年齢よりもかなり早熟だ。と同時に、その早熟さを自覚しつつも、甘えていない。だから対談相手からの彼女の吸収力はハンパないのだ。(つづく)

  • tom1969 さん

    やはり、下巻も買ってしまった。何故、二階堂ふみに興味があるのかは不明だが、このまま興味津々な女優でいてほしい。ちなみに、下巻もインタビュー相手に関しては、なるほどの人選でした。

  • に さん

    美輪さんのインタビューが印象的でした。芯がしっかりしている人を人選しているから、どれも読んでいて興味深く面白かったです。

  • 空の落下地点。 さん

    門脇麦「人の運命は予め決まっている気がする」...他人から向けられる興味が、自分の持つ趣味やコンテンツ性に由来するのだとしたら、寄ってくる人間も限定されるし、そういう意味では私も最近こう思うようになった。門脇麦と、同い年。運命は知人の総体というか。/会田誠「世の中に少女が溢れているイメージが好きなだけであって、具体的な執着はない」...少女は幸福の権化なのだなと。倫理的にどうなのだと言われることを想定してあえて作る...ストレートよりもメッセージ性がある。/リリーフランキー「冒険せずとも青い鳥は家にいる」

  • 百式改(東海設営隊) さん

    インタビュアーは間違いなく同年代を代表する女優の一人 この対談を通して役者として成長できたのでしょうか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

二階堂ふみに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド