ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 4 ヤングガンガンコミックス

九二枝

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784757545922
ISBN 10 : 4757545924
フォーマット
発行年月
2015年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19

内容詳細

慟哭は、新たな絆の礎――。

僕、強くなりたいです―――――。その強い意志で冒険者の道を歩んできたベル・クラネルはサポーターのリリルカ・アーデと共にダンジョン10階層へと到達した。霧立ちこめるその場所で二人の眼前に現われた『大型級モンスター』オーク!! 激戦状態のベルを別の"何か"が強襲!! それは、何と……!? 魔法発現、裏切りと慟哭、そして新たな絆――――――。これは、少年が歩み、女神が記す【眷族の物語】――――――第4幕。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • レリナ さん

    リリが正式な仲間になった。色々あったけれどリリが改心したようでよかった。ベルは本当に男らしい男だなぁ。リリをモンスターの攻撃から助け出すシーンは本当にカッコ良かった。魔法も覚えたようで、さらなるベルのパワーアップが期待できる。そして相変わらずのヘスティアの可愛らしさときたらまさに天使だね。これからどんな展開が待っているのか楽しみだ。原作も読まないといけないね。早く続きが読みたい。次巻が楽しみ。

  • 東西 さん

    間が空いてしまったんでよく覚えてないが、何やら騙された主人公が騙した娘をほだす話、と ヘスティアかわいい

  • sion さん

    リリ編終了。原作読んでも漫画版読んでもベルはよくリリを許せたと思う。あれは窃盗に殺人に近い事だから。そして神ヘスティアも。

  • 葛野桂馬@時津風@ハスター さん

    リリの話がひとまず終了。でも、ぶっちゃけリリって登場時から原作6巻くらいまで不遇なんだよな。ここから少しずつうちとけていくリリが楽しみ。

  • nawade さん

    リリフルボッコの描写が生温い!その点、アニメはよく頑張っていたなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品