文豪と異才たち 井原西鶴から村上春樹まで小説ブームをおこした人々

久我なつみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309921884
ISBN 10 : 4309921884
フォーマット
出版社
発行年月
2020年08月
日本
追加情報
:
240p;20

内容詳細

戦前の文豪の活躍と、戦後の異才たちの多彩な作品により生み出された、百年の空前の隆盛期。書くことは即ち生きること―小説ひと筋のふたりの作家を両親にもち、小説を愛してやまぬ人々に囲まれてきた著者が活写する、小説ブームの凄さと情熱の日々。

目次 : 小説ブームの世紀/ 星と流人/ 幕末の破滅と創造/ 人生を変えたい/ 夢を形に/ 落ちこぼれの珠玉/ 終わりから始まる物語/ たちすくむより、跳べ/ 夜に消えた人/ カフェ文壇/ 「百万人の小説」/ エリスの娘たち/ 新しい今を新しいかたちで

【著者紹介】
久我なつみ : 1954年生まれ。同志社大学文学部卒業。YMCAに英語講師として勤めるかたわら美術を学び、新制作展入選三回。文筆に転じて、『フェノロサと魔女の町』(河出書房新社、1998年)で第5回蓮如賞受賞。著書は他に『日本を愛したティファニー』(河出書房新社、2005年、第53回日本エッセイストクラブ賞)等がある。両親はともに作家である邦光史郎、田中阿里子(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たまご さん

    江戸文禄期の井原西鶴からおおむねミレニアムあたりまで,その時代時代を彩った作家と,出版社との関係,一般大衆に受け入れられたものなどが,時代の流れとともに説明されます. 作者のご両親が作家なだけに,戦中戦後から以降の出版社と作家の関係や,各出版社の立ち位置が,違った見え方をしてきます(特に中央公論社が).作家はもちろん,出版社も時代と主義と時々の国家によって,大きく翻弄されるんですねえ.

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

久我なつみ

1954年生まれ。同志社大学文学部卒業。YMCAに英語講師として勤めるかたわら美術を学び、新制作展入選三回。文筆に転じて、『フェノロサと魔女の町』(河出書房新社、1998年)で第5回蓮如賞受賞。著書は他に『日本を愛したティファニー』(河出書房新社、2005年、第53回日本エッセイストクラブ賞)等があ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品