きつねの橋

久保田香里

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784035405603
ISBN 10 : 4035405604
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
214p;22

内容詳細

ときは平安時代、京の都。主人公・平貞道は一旗あげようと源頼光の郎党となる。ところが、妖怪の白きつね・葉月と知り合い、立場を超えて互いに助けあうようになる。貞道はすこし先輩で弓の名手である季武ととりわけ仲がよく、少年時代の藤原道長の護衛をしたり、盗賊・袴垂討伐に加わったり、葉月が守る不遇な斎院の姫を助けたり、といそがしい…平安時代、源頼光の郎党貞道が、妖怪きつねの葉月と京都を舞台に活躍する。小学校高学年から。

【著者紹介】
久保田香里 : 岐阜県に生まれる。第3回ジュニア冒険小説大賞受賞作品である『青き竜の伝説』は岩崎書店より刊行。『氷石』で第38回児童文芸新人賞受賞

佐竹美保 : 富山県生まれ。SF・ファンタジーの分野で多くの表紙、さし絵を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よこたん さん

    “呼ばれている。これは約束だ。すぐにかけつけると、たがいに約束した。” 表紙に猛烈に一目惚れ。やや劇画チックな挿絵もたまらない。のちに源頼光の四天王の一人となる貞道が出会った、妖怪きつねの葉月との物語。この人四天王で一番地味な人だったような。妖怪といえども、あるじたる斎院を守ろうと全身全霊で尽くす葉月に、貞道だけではなく私も心打たれた。盗賊袴垂が義賊でなくてショックだったり、えん(宴)の松原が出てきて嬉しくなったり、五の君(少年時代の道長)と共に大極殿の黒い鬼の影にゾワゾワしたりと、とても好みだった。

  • コロナウィルスに怯える雨巫女。 さん

    《私-図書館》狐の葉月と貞通と出逢い。協力して、盗賊を退治したり、斎院を護ったり、大活躍。斎院と葉月が、また一緒にいられたらいいなあ。

  • けいねこ さん

    武士としての出世を願って、故郷を離れ、京で主君源頼光に認められる機会をうかがう平貞通。ひょんなことから、人間そっくりに化けることができるきつね葉月と知り合う。平安時代のくらしの様子を、受け止めやすく描いていて、世界に入りやすかったです。登場人物も魅力的で、この世界をもっと読んでみたいと思いました。ででくる一人一人のその後が気になります。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    後に頼光四天王のひとりとなる平貞道の若者時代を描いた物語。元服したばかりで一刻も早く手柄を立てたい貞道は、人を化かすきつねと対決します。葉月というきつねは陰陽師賀茂保憲の封印で都に入れないようにされていましたが、貞道と橋を渡ったことで封印が解けてしまいます。そして葉月と貞道に交流が生まれます…。著者が『今昔物語』の『頼光の郎等ども、紫野にもの見たる語』をベースに書き上げたお話だそうです。

  • 香哉 さん

    平安時代はお衣装が美しいのでとても好き。 でもこの作品は、キレイなとこばかり切り取るんじゃなく、庶民のリアルが鼻先に迫ってくる。 たいていの平安物は、登場人物が毎日シャワー浴びてそうに感じるのだけど、人肌のにおいがするというか。作家の手腕を感じる。 貞道も季武も数え15歳、中2か中3じゃん。昔のコドモはオトナだなあ…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品