カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方

久保田カヨ子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478022153
ISBN 10 : 4478022151
フォーマット
出版社
発行年月
2012年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
247p 19cm(B6)

内容詳細

2人の息子を育てた“脳科学おばあちゃん”が贈る悩める男の子ママのバイブル!カヨ子ばあちゃんが自ら実践した50のしつけを一挙公開。

目次 : 第1章 運動する/ 第2章 手を使う/ 第3章 感覚をみがく/ 第4章 予測する/ 第5章 考える/ 第6章 生活とリズム/ 第7章 心のめざめ

【著者紹介】
久保田カヨ子 : 1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法“クボタメソッド”を確立。テレビなどで“脳科学おばあちゃん”として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役

久保田競 : 1932年、大阪生まれ。京都大学名誉教授、医学博士。1957年に東京大学医学部卒業後、同大学院に進学。当時、脳研究の第一人者であった時実利彦教授に師事し、脳神経生理学を学ぶ。大学院3年目に米国・オレゴン州立医科大学に留学。J.M.ブルックハルト教授のもとで、脳科学における世界最先端の研究に従事。帰国後、東京大学大学院を経て、1967年に京都大学霊長類研究所神経生理研究部門助教授に就任。1973年、同教授に就任し、同研究所所長を歴任する。2007年より国際医学技術専門学校副校長に就任、現在に至る。2011年、瑞宝中綬章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 本読みじいさん さん

    以前テレビでみて、息子を実験といっていたのが頭にあり借りてきた。またもう少ししたら読み返したい。

  • りり さん

    へぇー。なるほど。と、思うところがいくつもありました。自分の子どもには、たくさんの経験をさせてやりたいです。一読では理解しきれない部分もあるし、きっと忘れてしまうので…また読み返したい本です。

  • そらいろ さん

    カヨ子ばあちゃんはやっぱり分かりやすいし、読んでいて納得してしまう。今、息子が「どうして?」や「なんだろう?」とよく聞いてくるので参考になりました。また数ヶ月後に読むと別な所で参考になりそうです!

  • よっしー さん

    ★3 なんとなく参考になる。

  • SNOOPY さん

    カァーっとなっても愛情深く育てることが大事なんですね。 育児は我慢が大切と書かれていましたが日々そう思います。私はまだまだ足りないです。少しずつでも我慢して暖かく見守る気持ちも持ちたいです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品