なんで私が適応障害!? 暗闇の中で光を見つけた私。

乃樹愛

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784772613729
ISBN 10 : 4772613722
フォーマット
出版社
発行年月
2018年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
191p;22

内容詳細

大学を卒業後、新卒入社。夢と希望を持って迎えたドキドキの春。新人研修に励んでいたわずか2カ月で、それはやってきた―。なまけてるわけじゃないのに、会社にはもういられない…。適応障害で会社をやめ、病気と向き合った実体験ルポ。

目次 : 第1章 がむしゃらにまっすぐに/ 第2章 「なりたい私」になるために/ 第3章 変わる環境と変えられない私/ 第4章 もうがんばれない、がんばらない/ 第5章 理解されない苦しみ/ 第6章 自分の未来は自分で決める/ 第7章 新たな一歩と私の未来/ 第8章 生きてりゃなんとかなる

【著者紹介】
乃樹愛 : マンガ家。1994年生まれ。埼玉県出身。普段はレポートマンガや広告マンガなどを制作。国際関係学部のある大学に入学。卒業後、入社した教育関係の会社で適応障害を発症。休職の末、退職。闘病生活を乗り越え、その時のことをマンガにし、SNSにて『適応障害になった話』を掲載(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • せ〜や さん

    職場の後輩さんからお借りした本。「適応障害」について、詳しすぎもせず、でも決して軽くも書いてなくて、いい意味でドライですごくわかりやすい。きっといろんな事に勇気がいっただろうな。頑張りはった自分に「よく頑張った」の一言を。仕事というよりは、家族や生き方に理由があったりするんじゃないのかな〜とぼんやり思いました。☆3

  • asu さん

    読みながら泣きました。辞めるときの会社の対応が、自分のときと似ていてリアルだなと思いました。会社は守ってくれない。知識があっても理解しない人たちもいる。だから、上司の間宮さん、彼氏のなっちゃんが素敵で、救われました。適応障害とは何か、とてもわかりやすく描いてあります。

  • ひゆ さん

    読んでて泣いた。作者の気持ちが痛いほど分かる。精神病はなった人でないと中々理解して貰えない現状。目に見えない病気だから「怠け病」「心の持ち様」とよく言われます。でも回りに何と言われようが、作者の言う通り心が完全に壊れてしまう前に、そこから逃げましょう!じゃないと本当年単位の治療になります。薬の量も半端じゃない。私は仕事中薬の副作用で眠くて仕方ないです。(特に事務)でも給料貰ってる以上普通の健常者と同じくしっかり働きますよ!作者さんはいいカウンセラーさんと出会えて良かった。これから素敵な人生を送って欲しい。

  • ピーマン さん

    精神疾患は社会にまだ浸透できていないように思う。 同調圧力の代名詞である『みんな』、それらと比較され適応できないことは適応できない方が悪いと思われてしまう。 またその言葉を受け自分が全て悪い、周りの人はできてるのに自分だけできないのはクズでどうしようもないからと自分でさらに追い込んでしまう。 自分でもなりたくてなってるわけじゃないし、それを甘えだの無責任だの言われるのはとても辛い。 今の私も同じような状況で時間が解決してくれると考えてしまっていたので一度ちゃんと病院で診てもらおうかなって思えました。

  • スノ さん

    タイトル通りまさに「なんで私が」。 著者は元々、小さい頃から多数の男の子の中で少数派の女の子ながらも野球チームに参加したり、勉強もしっかりこなし、生徒会長も経験したアクティブな方。入社した会社にて適応障害を発症するというお話で、立ち直るまでの話を読んでいて、私も苦しくなった。根性論が根付く社会では適応障害は理解されにくく、認知度も低い。適応障害は側から見れば出世している成功者でもなる可能性がある。全ての人に読んでもらいたい。より詳しくは貝谷久宣氏の「適応障害のことがよくわかる本」も併せて読むと良いと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

乃樹愛

マンガ家。1994年生まれ。埼玉県出身。普段はレポートマンガや広告マンガなどを制作。国際関係学部のある大学に入学。卒業後、入社した教育関係の会社で適応障害を発症。休職の末、退職。闘病生活を乗り越え、その時のことをマンガにし、SNSにて『適応障害になった話』を掲載(本データはこの書籍が刊行された当時に

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 看護師におすすめの本 ナースのための薬の事典や、看護の現場ですぐに役立つ医療ガイドをご紹介いたします。 |2018年07月11日 (水) 12:00
    看護師におすすめの本
  • NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク 第1巻 科学者たちは語る。「人体の真の姿は、巨大なネットワークだ」いま、医学の世界で起きている大転換。最新科学が明らかにした... |2018年01月16日 (火) 18:08
    NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク 第1巻
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』

おすすめの商品