ピアニストという蛮族がいる 中公文庫

中村紘子(1944-2016)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784122052420
ISBN 10 : 4122052424
フォーマット
出版社
発行年月
2009年12月
日本
追加情報
:
16cm,317p

内容詳細

音楽に魅入られたピアニストたちの、すべてが極端で、どこかおかしく、しかもやたらと大真面目な世界。ホロヴィッツ、ラフマニノフら巨匠たちの奇行、伝説、そして本邦ピアニストの草分け、幸田延と久野久の悲劇が、不思議な感動を呼ぶ。文藝春秋読者賞受賞作。

目次 : ホロヴィッツが死んだ/ 六フィート半のしかめっ面/ 神よ、我を許したまえ/ 女流探検家として始まる/ タイム・トラベラーの運命/ 音楽が人にとり憑く/ 久野久を囲んだ「日本事情」/ 最初の純国産ピアニスト/ ピアニッシモの残酷/ 鍵盤のパトリオット/ カンガルーと育った天才少女/ 銀幕スターになったピアニスト/ キャンセル魔にも理由がある/ 蛮族たちの夢

【著者紹介】
中村紘子(1944-2016) : 三歳でピアノを始め、慶應義塾中等部三年在学中、日本音楽コンクールにおいて史上最年少で第一位特賞を獲得。翌年NHK交響楽団初の世界一周公演にソリストとして抜擢され、天才少女としてデビュー。以後、日本を代表する名ピアニストとして活躍する。『チャイコフスキー・コンクール』で第二十回大宅壮一ノンフィクション賞、『ピアニストという蛮族がいる』で文藝春秋読者賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
この人の著作には味があり面白いです。夢中...

投稿日:2018/01/12 (金)

この人の著作には味があり面白いです。夢中になって読みました。最近中村さんの著作を連続して読んでいますが、魅了されます。ご主人の影響も大きいのでしょうか。もっと長生きしてほしかったです。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • naoudo さん

    日本のピアニスト久野久の話は衝撃的だった。大正時代の日本の音楽の事情、音楽に限らず、文化全般において多くの悲劇を生んだのだろう。伝統芸能と師弟関係の練習。日本と世界の差。ピアノのためだけに、練習をして、どこまでも聴衆を求めて旅をする。タイトルの蛮族に疑問を持つが、読み進めると納得してしまう。奇行が目立つが、実は音楽に真面目であるが故のこだわりが、常人からすると奇行に見えるだけなのかもしれない。天才たちを追いかけるなかで、中村紘子自身がピアニストの人生を振り返っている。共感の姿勢が、魅力を引き出している。

  • 胆石の騒めき さん

    (★★★★☆)ピアニストとしての知名度も高く、子供のころに聴きに行った記憶がある。文才にも恵まれていたのだと、改めて確認。リストの演奏を伊藤博文と西園寺公望が聞いた話など、惹きつけられるエピソードにあふれている。しかし、最も心を打たれるのは「久野久」の生涯。クラシック界の西欧コンプレックスの始まりに思えるが、現在の日本の演奏家の意識は大分変わっていると思われる。むしろ、聴衆サイドに根強く残っているのではないだろうか?最後のくだりは、「ピアノを聴きに来る蛮族がいる」とも読み取れる気がする…。

  • 水無月 さん

    中村紘子さんが亡くなられて改めて著書を再読したけど、本当に面白い上に内容も深い。おそらく福田章二さんこと庄司薫さんの良き手助けもあったはずだけど。チェルニーやハノンにうんざりし、先生に散々怒られて本当のピアノの魅力がわかる以前に挫折した私にも、また弾いてみたいなんて一瞬思わせてくれる。黎明期の日本人ピアニストの悲劇として取り上げられた久野久子については事実誤認もあるようだが、中村さんも留学して初めて身を以って味わった欧米との奏法の差、教育の違いはとても印象的。

  • 森 さん

    図書館で借りザックリ読みです。(蛮族とはマトを得ているかも、でもどこの分野でも、これに出てくピアニストのような蛮族がいる。ただしあまり蛮族ばかりでは困るf^_^;)

  • 知命 さん

    著者の訃報に接して、本書を読むことにしました。書名が面白い。私が好きなピアニスト、マルタ・アルゲリッチは映画監督の娘がその生涯を映画にしましたが、確かに蛮族という表現がぴったりきます。本書を読んでピアニストの生きる異世界に接することができ、興味深かったです。歴史上のピアニストをも取り上げています。日本人女流ピアニスト、久野久さんの話は胸にせまるものがありました。RIP

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中村紘子(1944-2016)

1944‐2016。三歳で、桐朋学園音楽科の前身となった「子供のための音楽教室」第一回生として井口愛子氏に師事。慶應義塾中等部三年在学中、日本音楽コンクールにおいて史上最年少で第一位特賞を受賞。翌年NHK交響楽団初の世界一周公演のソリストに抜擢され、天才少女としてデビュー。その後、ジュリアード音楽院

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品