レストラン・パティシエールの働き方 「好き」を仕事にする&つづけていく!

中村樹里子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416516348
ISBN 10 : 4416516347
フォーマット
出版社
発行年月
2016年01月
日本
追加情報
:
253p;19

内容詳細

「お菓子作りを仕事にする」という夢をかなえる舞台は、レストランにもある!パティシエが働くのは、パティスリー(菓子店)だけではない。あまり知られていない「レストランのパティシエ」の仕事を、パリのレストランデザート界で注目され、現在は東京・白金「ティルプス」(ミシュラン1つ星)で活躍する中村樹里子が紹介。修業時代の悩みは?レストラン・パティシエールの楽しさとは?この仕事を続けるコツは?―今、東京でもっとも独創的かつハイレベルと評判の中村のデザート33品のレシピも収録。若きパティシエールの「リアルな声と想い」を伝える。

目次 : 1 レストラン・パティシエールQ&A(どのようにしてレストラン・パティシエールになりましたか?/ パティスリーのパティシエとレストランのパティシエはどう違いますか?/ レストランのパティシエの仕事内容を教えてください。/ どのようにしてステップアップしてきましたか?/ フランス修業は、パティシエにとって大切ですか?/ 気持ちが折れた時、やめたくなった時、どのようにして乗り越えてきましたか?/ レストランのパティシエをやっていて、楽しいことはなんですか?むずかしいことはなんですか?)/ 2 「学び方」(パティシエ修業/ パティシエになる/ フランス修業・前半/ フランス修業・後半、帰国)/ 3 「働き方」(新人の働き方/ パティシエを続ける)

【著者紹介】
中村樹里子 : 東京・白金「TIRPSE(ティルプス)」シェフパティシエ。1980年生まれ。大阪府出身。豊中(当時)の「ヒロコーヒー ケーキ工房」などで修業、2007年に「ケ モンテベロ」(大阪・吹田)のスーシェフを2年間務めたのちに渡仏。パリの1つ星レストラン「エレーヌダローズ」を経て「ランスタン・ドール」でシェフパティシエに就任、約1年半務めた間にミシュラン1つ星を獲得する。2013年に帰国、10月より「ティルプス」(東京・白金)のシェフパティシエールを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • かめぴ さん

    なかなか波乱万丈な働き方ではないか、と思うもののご本人は至っては黙々とステップアップしていった感じなのかな。好きが基本なので、苦行にはならなかったであろう素敵な生き方が感じられていい。中の写真はとっても美味しそうだがレシピを載せられたところで・・作れはしまい。残念。

  • sako さん

    お菓子作りをいかに楽しんでいるのかがよく伝わってきて、こちらも初心を思い出したりと、モチベーションアップになりました。また、筆者の環境・周囲の人の恵まれっぷりには生意気ながら世の中捨てたもんじゃないと思えてきます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中村樹里子

東京・白金「TIRPSE(ティルプス)」シェフパティシエ。1980年生まれ。大阪府出身。豊中(当時)の「ヒロコーヒー ケーキ工房」などで修業、2007年に「ケ モンテベロ」(大阪・吹田)のスーシェフを2年間務めたのちに渡仏。パリの1つ星レストラン「エレーヌダローズ」を経て「ランスタン・ドール」でシェ

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品