谷崎潤一郎文学の着物を見る 耽美・華麗・悪魔主義らんぷの本

中村圭子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309750217
ISBN 10 : 4309750214
フォーマット
出版社
発行年月
2016年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
159p;21

内容詳細

春琴、幸子、雪子、妙子、ナオミ、汲子…。谷崎文学のヒロインを当時の資料に沿って再現!アンティーク着物と挿絵の奇跡のコラボレーション!!

目次 : 第1章 細雪/ 第2章 谷崎潤一郎の人生と作品(幼少期からデビューまで/ 鬼の面/ 羹/ 月の囁き ほか)/ 第3章 谷崎文学の魅力(悪魔主義(刺青/ 秘密/ お才と巳之介)/ 猫好き(猫と庄造と二人のをんな)/ 探偵小説の元祖(友田と松永の話)/ 足フェチ(富美子の足/ 瘋癲老人日記))

【著者紹介】
大野らふ : Ponia‐pon店主。スタイリスト、ライター

中村圭子 : 弥生美術館学芸員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 優希 さん

    艶やかな着物にうっとりしてしまいました。カラー写真なので、作品から着物をイメージするのが楽しいです。大正・昭和初期の着物はやっぱり美しい。耽美な雰囲気をまとう谷崎文学の着物とくればその美しさは只者ではありません。谷崎や作品についても知ることができるので好きな人にとってはたまらない1冊でしょう。

  • mii22. さん

    着物が好きで、日常の衣服に着物を取り入れ出してから、どんどん着物の魅力にはまっている私にとって、この上なくて贅沢で興味深い本だった。谷崎文学のヒロインたちが小説のなかで纏っていた着物を当時の資料に沿って再現し、数々の谷崎作品のあらすじや谷崎の足跡をたどって美しい写真と挿絵で紹介されている。もっともっと着物が好きになる。もっともっと谷崎文学を読みたくなるそんな一冊だった。

  • ユミ さん

    充実の内容。谷崎文学をヒロインたちの着物で見てゆくという内容だが着物がかなり忠実に再現されておりため息ものに美しい。私は谷崎の探偵物が好きだったりするが女装する話もあるんですね…。着物以外に挿絵付きで谷崎文学を振り返っていて谷崎の女性へ対する並々ならぬ想い入れに引いたくらいだ。帝大卒のマゾで寝取り/寝取られフェチで脚フェチで女装子(じょそこ)志願ってどんなスペックなの?源氏物語を幾度か訳している谷崎だか(私も読んだ)光源氏が苦手だというのが意外であった。女性崇拝が徹底していてすごい。「細雪」読んでみたい。

  • kurousako さん

    先日、読友さんから谷崎潤一郎の本をいただいた。ふとそう言えば…と思い出した。『痴人の愛』を読んで、着ているものの描写が多かったような…ということを。そして、この本を偶然みつけた。谷崎文学に登場する女性たちの着物姿を再現し、あらすじ、挿絵と一緒に紹介。色と言い柄と言い、素敵すぎる!以前はパッチワークの色合わせの参考にするため、着物雑誌などを見ていた。久しぶりにアンティーク着物を見て気分が上がった!棟方志功の挿絵も素晴らしかった。この本は谷崎作品をより楽しむためにいいと思う。もっと谷崎の作品を読んでみたい。

  • 穂積 さん

    当時の資料に沿って谷崎文学に登場する着物を再現。作品を読んでいなくても、あらすじ付きで場面解説もあるので安心。着物の知識がなくても、丁寧な説明があるから安心。絵師の名前を知らなくても、紹介文があるから安心。巻末には、着物の歴史を織り込んだ谷崎の略年譜。なんとも親切仕様、至れり尽くせりの一冊。谷崎の作品は5作しか読んでいない私でもこれだけ楽しめたということは、谷崎作品をもっと読んでいる人はさらに楽しめること間違いなし。着物にインバネスコートとハイヒールを合わせた着こなしがお気に入り。(原作ではあれだけど!)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品