アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」 集英社新書

中川裕(アイヌ語学)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087210729
ISBN 10 : 4087210723
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
262p;18

内容詳細

大人気漫画「ゴールデンカムイ」のアイヌ語監修者による、唯一の公式解説本が誕生! 
野田サトル先生によるオリジナル描き下ろし漫画も収録!!

2018年に手塚治虫文化賞でマンガ大賞を受賞し、
アニメ化も果たした累計発行部数900万部超の大ヒット冒険活劇漫画「ゴールデンカムイ」。
同作をきっかけにして、初めてアイヌ文化に興味を抱いたという方も少なくないのではないか。
本書はそんな大人気作品のアイヌ語監修者が、
漫画の名場面をふんだんに引用しながら解説を行った、画期的入門書である。
「アシ(リ)パたちの名前はどのように決まったのか」
「話題の“オソマ”と“チタタプ ”にまつわる裏話とは?」
「“ヒンナ”の正確な意味と、本当の使い方」など、
原作ファンならば漫画が100倍面白くなること必至の知識が満載となっている。
もちろん、それだけではなく「アイヌの先祖はどこから来たか?」
「アイヌ語から解き明かす北海道の地名」「徹底解説! アイヌ文学」など、
原作を知らない方でも楽しめる内容が盛り沢山。
アイヌ文化について知りたいならば、まず最初に読むべき最高の入門書だと言えるだろう。

【本書の主な内容】

・「カムイ」とはそもそも何なのか?
・世にも恐ろしい魔物たちの伝説
・アイヌは子どもの名前をどのように決めるのか
・超特急! アイヌ語入門
・『ドラゴンボール』そっくり!? アイヌの英雄物語「ユカ(ラ)」徹底解説
・家庭で作れるアイヌ料理
・大人気! 「オソマ」と「チタタ(プ)」にまつわる裏話
・「ゴールデンカムイ」 あの名シーンの背景
・アイヌ語監修の仕事と創作秘話          ほか


【目次】

序章   アイヌ文化に人々を惹きつける「ゴールデンカムイ」の魅力
第一章  カムイとアイヌ
第二章  アイヌの先祖はどこから来たか?
第三章  言葉は力
コラム1 小樽から見た「ゴールデンカムイ」 (寄稿:石川直章・小樽市総合博物館館長)
第四章  物語は知恵と歴史の宝箱
第五章  信仰と伝説の世界
野田サトル先生描き下ろし オリジナル漫画
第六章  「ゴールデンカムイ」のグルメワールド
コラム2 黄金の民・アイヌ (寄稿:瀬川拓郎・札幌大学教授)
第七章  「ゴールデンカムイ」名シーンの背景
第八章  アシリパたちの言葉 アイヌ語とは
終章   アイヌ語監修というのは何をやっているのか?
付録   「ゴールデンカムイ」をより楽しむためのブックガイド


【著者略歴】
中川 裕(なかがわ ひろし)
1955年神奈川県生まれ。
千葉大学文学部教授。東京大学大学院人文科学研究科言語学博士課程中退。
1995年、『アイヌ語千歳方言辞典』(草風館)を中心としたアイヌ語・アイヌ文化の研究により、金田一京助博士記念賞を受賞。
野田サトル氏による漫画「ゴールデンカムイ」では、連載開始時から一貫してアイヌ語監修を務める。
著書は『アイヌ語をフィールドワークする』(大修館書店)、『アイヌの物語世界』(平凡社ライブラリー)、『語り合うことばの力』(岩波書店)など多数。



【著者紹介】
中川裕 : 1955年神奈川県生まれ。千葉大学文学部教授。東京大学大学院人文科学研究科言語学博士課程中退。1995年、『アイヌ語千歳方言辞典』(草風館)を中心としたアイヌ語・アイヌ文化の研究により金田一京助博士記念賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • honyomuhito さん

    いい加減になんでもかんでも熊嵐を引き合いに出すのはよせという向きもあるかと思いますが、アイヌと言えば北海道で羆だもの仕方ないのだ。少々大げさに言えば、未曾有の羆被害について書かれた熊嵐が「自然」を神として畏れ敬う信仰の本だとすれば、アイヌについて書かれたこの本は「環境」を信仰し共生する生き方について書かれた本だ。こんなエコで厨二で愉快なアイヌの生き方、ゴールデンカムイの影響とはいえ再評価されるのは納得だ。 https://chirakattahondana.com/アイヌ文化で読み解くゴールデンカムイ/

  • ひろし さん

    マンガから入ってアイヌ文化に興味を持ったのだが、改めて「ゴールデンカムイ」が緻密な考証のもとに描かれていることがわかる。豊かな広がりを持つアイヌ文化が継承されていくことを望まずにはいられない。

  • seacalf さん

    図抜けて面白い『ゴールデンカムイ』の影響で、俄然アイヌに興味を持った人はきっと沢山いるに違いない。影響を受けやすい自分なんかは本州で唯一だというアイヌ料理の店『ハルコロ』までいそいそと出かける始末(鹿丼がめちゃくちゃ美味しくてヒンナだった!)。いきなりアイヌ文化を知ろうとすると、独特過ぎて取っ付きにくかったかもしれないがコミックを引用しながら説明してくれるので、わかりやすさは抜群の入門書。現代でも十分通用する利に適ったアイヌの考え方や、物語としてもとんでもなく面白いアイヌの口承文芸の紹介など内容盛り沢山。

  • tonkotsu さん

    人気漫画「ゴールデンカムイ」のアイヌ語監修者・中川裕さんによる公式ガイド本(マンガ原作者・野田サトルさんのオリジナル書下ろし漫画も収録)。個人的にマンガの方は大好きなので、マンガで出てくるアイヌ語の意味だったり、アイヌの歴史・文化だったりが詰め込まれていて非常に勉強になった。アイヌに伝承されている神話の一つが「ドラゴンボール」そっくり(少年主人公で次々に強い敵と戦っていったり、すぐ生き返ったり)だったのがツボだった。

  • Nao Funasoko さん

    コミックをテキストとしているためにとてもイメージしやすかったアイヌ文化入門書。これをきっかけに当然『ゴールデンカムイ』も読んでみたい。こうやって興味分野がまたひとつ増えていく。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品