現代の名演奏家50 クラシック音楽の天才・奇才・異才 幻冬舎新書

中川右介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344984516
ISBN 10 : 434498451X
フォーマット
出版社
発行年月
2017年01月
日本
追加情報
:
270p;18

内容詳細

天才たちだけが分かり合い、だからこそ時に決裂する。師弟、ライバル、私淑、友情、恋愛、確執…170人の音楽家が絡み合う50の数奇な物語。

目次 : 「可哀想に、才能がある」―カルロス・クライバー/ 異端にして正統―フリードリヒ・グルダ/ 亡命指揮者たち―ラファエル・クーベリック イシュトヴァン・ケルテス/ 「静寂の音楽」の師―アルトゥーロ・ベネディッティ・ミケランジェリ/ 巨匠が認めた若者たち―イムジチ/ ザルツブルクに生まれ、ザルツブルクに死す―ヘルベルト・フォン・カラヤン/ 「意外な人選」という伝統―サイモン・ラトル/ カザルスの孫弟子―ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ/ ある友情―小澤征爾/ ドレスデンでの豊穣、ウィーンでの挫折―カール・ベーム〔ほか〕

【著者紹介】
中川右介 : 1960年東京都生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。2014年まで出版社アルファベータ代表取締役編集長として、「クラシックジャーナル」誌や音楽家の評伝などを編集・発行。クラシック音楽、歌舞伎、映画等の評論・評伝に定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
クラシック音楽の一流の演奏家の知られざる...

投稿日:2018/02/06 (火)

クラシック音楽の一流の演奏家の知られざるエピソードが短編集のように収められており、面白く読みやすい本でした。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 優花 さん

    音楽家同士の交流に焦点を当てて、とか、名演奏家たちのエピゾード、と「はじめに」にあったので、面白そうと思ったんだけど、私には世界史の勉強をしてるみたいだった。取り上げられてる人物は指揮者が圧倒的に多く、それも、あまり楽しめなかった原因かも。

  • neco さん

    20世紀後半から現在までの名演奏家たちのエピソード集。全部で50話が収められているが、どれも数頁なのでとても読みやすい。しかも、よくあるような音楽家の生涯の概略を描いた人物辞典ではなく、それぞれの人生のある期間を他の音楽家たちとの交流(師弟、友情、ライバル、恋愛など)に焦点をあてて書かれている。帝王カラヤンのシルエットが、ほとんどの演奏家に隠れているのがよく分かった。カラヤン時代の「これだけを聴いておけば良いもの」を、この本を参考に堪能したい。

  • 禿童子 さん

    元々CD付きマガジンの解説をベースにした現代のクラシック音楽の指揮者と演奏家のプロフィールと知られざるエピソードの紹介。興味深いのは、第二次世界大戦が音楽界に大きな影響を及ぼしたこと。その中でカラヤンが良くも悪くも「帝王」として若手の演奏家の発掘に寄与してきたことが印象的。音楽の世界にも策謀や政治がある。恋愛や師弟関係・ライバルなどの相関図は面白かった。

  • kenitirokikuti さん

    図書館にて。元はCDつきマガジンの連載だっとそうな。カラヤンのお話。1961年カラヤンとウィーン国立歌劇場は、アダンのジゼルとホルストの惑星のバレエ公演&録音する。63年にはモンテヴェルディ「ポッペアの戴冠」を蘇演▲バスチーユ新歌劇場について。ミッテランは1989年の革命200年に向け、地下鉄駅の移転による空き地にバスチーユ・オペラを予定する。シラク時代に同劇場の音楽監督はバレンボイムに決まったが、ミッテラン再選により、お流れ。チョン・ミュンフンが就く。1989年にカラヤン没、バがベルリンに継投…

  • 牧神の午後 さん

    元々デ・アゴスティーニ的なCDマガジンの解説で、50枚のCDに添えられたものなんで、ぶっちゃけ記述が浅いし、どっかで訊いたことのあるエピソードが多い。通読してみて、カラヤンという陰の主役が浮かび上がる?かというと、決してそれもうまくいっていないと思う。さらにタイトルにしている人物より、脇役の方が目立っているエピソードもあったり、と散漫な印象は拭えなかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中川右介

1960年東京都生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。出版社勤務の後、アルファベータを設立し、代表取締役編集長として雑誌『クラシックジャーナル』、音楽家や文学者の評伝や写真集の編集・出版を手がける(2014年まで)。その一方で作家としても活躍。クラシック音楽への造詣の深さはもとより、歌舞伎、映画、歌謡曲

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品