暦の手仕事 季節を慈しむ保存食と暮らし方

中川たま

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784537213652
ISBN 10 : 4537213655
フォーマット
出版社
発行年月
2016年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
175p;19

内容詳細

「旬の味は、このうえない宝物」。巡る季節を楽しむということは、感じること。目で見て、香って、触れて、味わうこと。逗子在住の人気料理家が伝える、四季を味わうレシピ81品と、心地よく暮らす知恵。

目次 : 春(苺/ ほろ苦いもの ほか)/ 初夏(梅/ びわ ほか)/ 盛夏(ハーブ/ 枝豆 ほか)/ 秋(秋の果物/ 栗 ほか)/ 冬(味噌作り/ 白菜 ほか)

【著者紹介】
中川たま : 料理家。神奈川県・逗子で、夫と高校生の娘と暮らす。自然食品店勤務後、ケータリングユニット「にぎにぎ」を経て、2008年に独立。季節の野菜や果物を活かしたレシピや、洗練されたスタイリングを書籍や雑誌などで提案している。地元・逗子を拠点にイベントにも精力的に参加し、ジャムなどの保存食を提供する他、伝統を受け継ぎながら今の暮らしに寄り添い、季節のエッセンスを加えた手仕事に日々勤しんでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ミス レイン さん

    表紙も含めベリーや梅や枝豆の写真の色がキレイ。内容はエッセイがメインで巻末にレシピがぱらぱらと。取り立てて珍しい手作り品はあまりなかったけれどトマト醤は気になった。今夏やってみよう。逗子にお住まいとのことだけど、こちらと随分植生や季節が違うんだなあ。ザクロは見たことないし、店頭に出ることは出るけど地元では実を結ばない金柑は10個ちょっとで五百円超え、ビワは1粒100円ちょっと。とてもこんな贅沢には使えない。ページの紙が端から黄ばみやすくカビっぽい臭いがつきやすい紙なので今回は新刊で購入。

  • かになお さん

    エッセイ的な要素が強い。今の時期、実家から筍をよくもらうのでオイル漬けにして保存してみようかな。

  • すみれんげ。 さん

    今年189冊目。もともと「家事」が好きなので、シロップ、味噌、梅干しなど、いろんな「手仕事」を見るのは、楽しかった。しかし、これ全部食べ切れるのかな・・・??★★★★★

  • ぶっく さん

    図書館。手元においておきたいかも。

  • harusone さん

    レシピも気になるものがたくさんあるけれど、エッセイ的な部分も楽しんで読めた。庭に色々なものが生えていて、それを家族総出で収穫し、こどもも一緒に料理する。理想的な生活だけれど、実際にやろうと思ったら大変だ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品