世界のどこかで居候

中山茂大

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784898152836
ISBN 10 : 489815283X
フォーマット
出版社
発行年月
2010年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,287p

内容詳細

お泊り3日を過ぎて「いてもいなくてもどっちでもいい」と思われて初めて居候。モンゴル、イエメン、インド、カンボジア…。ライター&カメラマンの「居候」コンビが覗いた、世界のどこかの普通の人の普通の暮らし。

【著者紹介】
中山茂大 : 1969年北海道生まれ。探検部に所属していた大学時代に南米をロバを連れて6000キロ踏破。出版社勤務を経て『ロバと歩いた南米アンデス紀行』(双葉社)発表を機に独立

阪口克写真 : 1972年奈良県生まれ。大学・写真学校を卒業後、スタジオ勤務を経てオーストラリアへ。帰国後フリーカメラマン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 野のこ さん

    地球にはいろんな民族がおるなぁ。実際にそこに住んでいるお宅に住んで、文化や環境を肌で感じる。お国柄の違いばかり!目からウロコがたくさんとれました。構成が工夫されてて面白かったけど刺激が強いものもあって、手で隠す部分も…。ネパールのお葬式は、親戚から聞いたひと昔の田舎の村のお葬式と重なってとても印象に残りました。

  • kuukazoo さん

    モンゴル、パプアニューギニア、イエメン、チベット、カンボジア、モロッコ、ネパールなどのご家庭に居候(1週間)した記録。各家庭の家族構成図や1日の献立、家の間取りなどの写真や絵がほのぼのしくて良い。しかし、この本で一番強烈な印象を受けたのは屠畜そしてトイレである。人間本来の食と排泄の形を目の当たりにし、都会に住む人間(自分)の生き物としての弱さを痛感。

  • いち さん

    「生きる」ってさぁ…ほんとに「生きのびる」ことなんだなぁ、と妙に納得。理由もなく、おごりもなく、実に単純で明快なんだ、本当は。必要なものってすごく少ない。

  • ユウティ さん

    素敵な本だった。ウルルン滞在記を本にしたみたい。カラーで写真もいっぱいだし、学級新聞のような色いろ工夫を凝らした作り方で楽しい。文字のみから想像してびっくりしたり、笑ったりする旅行記とはまた違った贅沢な内容。国別の屠畜の比較がとてもよかった。

  • かに さん

    世界のちょっと不便なところの普通の家庭に日本人の男性2人が1週間居候するという、一応旅行記なのかな。こういう本を読むと、つくづく男性がうらやましいなと思います。もちろん、女性でもいこうと思えば行けるんだろうけれど、やっぱ、ハードルは高いですよね。どの家庭にも共通するのは、大家族でみんな幸せそうだということ。こういう所では孤独死とかないんでしょうね。いろいろ考えさせられる一冊でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品