君たちに伝えたい3つのこと 仕事と人生について科学者からのメッセージ

中山敬一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478012628
ISBN 10 : 4478012628
フォーマット
発行年月
2010年07月
日本
追加情報
:
253p;19

内容詳細

世界的に活躍する科学者が初めて書いた仕事・生き方論。内容が過激すぎると専門雑誌の掲載がボツになり、ネットで話題となった「仕事と人生について教授からのメッセージ幻の原稿」完全版書籍化。

【著者紹介】
中山敬一 : 九州大学大学院医学系学府主幹教授。九州大学大学院医学系研究科生体防御医学研究所分子医科学分野主幹教授。1961年生まれ。1986年、東京医科歯科大学医学部医学科卒業。1990年3月、順天堂大学大学院医学研究科修了(医学博士)。同年4月より理化学研究所フロンティア研究員を経て、12月よりワシントン大学医学部ポストドクトラルフェロー。1995年7月より日本ロシュ研究所主幹研究員。1996年10月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
医学系の話が多めだけど、文系社会人にも当...

投稿日:2012/10/25 (木)

医学系の話が多めだけど、文系社会人にも当てはまることが多い。

ameg さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ほんだぁ さん

    働き方には2種類あり、1つはクリエーター、もう1つはルーチンワーカー。そのうち、クリエーターになることを全編にわたって勧める本。著者は医学部系の教授なので、主に就職前の学生に向けて書かれているが、社会人になって10数年経た人にも響く箇所はある。とはいえ、転職やジョブチェンジだけが正解ではなく、如何に日々の仕事でクリエイティブにできるか、が重要だと思う。もちろん、どうしてもクリエイティブでない仕事が、沢山ある仕事であるなら、さっさと転職やジョブチェンジした方がいいかと。

  • KIO さん

    医学部生や難関資格を持った人なら、素直に参考にしてよいと思います。しかし、世間のほとんどすべての人は、この本を素直に読んではいけません。安定した立場にいるエリートが、自分の恵まれた立場を前提に書いているからです。著者は、一流大学の医学部出身で、医師免許を持ち、成績もずっと良かった方です。実家もおそらく裕福でしょうし、30代前半で九大の教授になっています。つまり、余裕のある人が、あっという間に安定した地位を掴んだのです。エリートがエリート向けに書いた本です。イヌイットの生活は、日本で出来ないと思いませんか?

  • ラーメン小池 さん

    STAP細胞に早くから疑念を表明し、理研の研究管理や小保方氏の実験ノート記録などを批判していた著者による研究者のキャリア論。STAP騒動以前に購入するも、ようやく読了。医学系、かつ特異的な日本の状況を中心に述べているので割り引いて読む必要がある。参考になると感じたのはボスとの付き合い方。研究業績・評価を向上させるには、本人の能力や努力だけでなく、研究環境の改善や一流の研究者と知り合う機会を得るなど、ボスの力に負うところが多いというくだり。やや辛口の内容だが、研究の厳しさと研究者のキャリアを概括できる一冊。

  • is49 さん

    九大の教授が研究者の素晴らしさについて語った本です。元ネタは学術誌に掲載予定の原稿がボツになってウェブサイトにアップしたものらしいですが、本として出版するには中身が浅すぎてちょっと無理があるように思います。内容が重複しすぎだし、不必要な後付けの図が多いし、行を開け過ぎだし、何やかやとページを稼ぎすぎです。タイトルや帯の付け方がとてもうまいのは出版社の技術ですね。自分の職業を肯定するのは一向に構わないと思うのですが、ここまで他の職業をdisった内容だと不快になります。

  • やし さん

    医学部出身の医学系研究者による著書である。本質をついており鋭い。とてもよく理解できる。クリエーターである研究者を目指すには今の臨床研修制度は弊害しかない。直接研究者の道に入らないならば、あとはルーチンワーカーとなるだけなのではあるが、医者というルーチンワーカーを極めるのであれば、それはきっと「職人」を極めるということに近いのかもしれない。著者のもどかしさはそのまま安全パイを拾うことになれた成熟日本社会のもどかしさそのものであろう。改めて、志・目標・戦略を再確認しておきたい気になった。好著。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中山敬一

九州大学生体防御医学研究所細胞機能制御学部門教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品