ウィントン・マルサリスは本当にジャズを殺したのか?

中山康樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784401641734
ISBN 10 : 4401641736
フォーマット
発行年月
2015年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
270p;20

内容詳細

目次 : ■序章: 「ジャズのない時代」に生れたジャズ・ミュージシャン / ■第1章: 1981年7月、東京 / ■第2章: 許されざる黒さ(Unforgivable Blackness) / ■第3章: クラシック vs ジャズ / ■第4章: ジャズを知らないジャズ・メッセンジャー / ■第5章: ウィントン・マルサリスの肖像 / ■第6章:  ウィントン・マルサリス作品体系(序) / ■第7章: ウィントン体制の確立 / ■第8章: ジャズ帝国:ジャズ・アット・リンカーン・センターの歴史と全貌 / ■第9章: 「グループ」としての変遷と挑戦 / ■第10章: ウィントン・マルサリスが変えたもの / ■第11章: そして誰もいなくなった? / ■第12章: アメリカン・ミュージックとしてのジャズ / ■終章: ウィントン・マルサリスはジャズを殺したのか / ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ / 〜1月に急逝したジャズ評論家・中山康樹の「遺作」。日本では「忘れ去られそうな / 天才ジャズマン」という位置づけになっている彼のキャリア全てを生い立ちから / 検証し、ウィントンの魅力と実績を積み上げていく。「ジャズ史の見直し」を提唱 / していた中山が精魂を傾けて最後に書き上げた問題提起の書。〜

【著者紹介】
中山康樹 : 音楽評論家。1952年、大阪生まれ。ジャズ雑誌「スイングジャーナル」の元編集長。マイルス・デイヴィスの音楽に傾倒、個人的な交流も深く「マイルスに最も近い日本人」と言われた。ジャズをはじめ、ロック、ビートルズ、ホブ・ディランなど、多岐にわたり、独特の視点、親しみやすい文体で論じ、25年間で100冊以上を出版。2015年1月28日、62歳で死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 巨峰 さん

    音楽評論家中山康樹さんの遺作となった本書をやっと読んだ。現代ジャズで最高の地位にあるといわれるウィントン・マルサリスを1冊丸ごと使って解き明かそうとしたが、どうも80年代の10年に論考は偏っていて、90年代以降のこの25年あまりが薄い気がしました。今日本では全く人気がないこの人ですが、日本人の聴き手としては、英語のナレーションとかが入ると困ると思います。ある種英語圏(しいて言うならアメリカのみ)だけに向けて作品を作っているから、日本で聴かれなくても致し方ないでしょう。

  • ゲットアップウィズイット さん

    ウィントンマルサリスという知名度とその音楽への理解があまりに日本では離れている存在についての本。筆者の過去作同様、見過ごされた事実に光を当てる手腕は見事。彼の個人的な趣味が出た推論はいまいち納得出来ない部分も多いが、今作ではウィントンの生まれから2000年代くらいまでを追うのに集中していたのでそういう部分があまり無いのも好感。本文で重点的に取り上げた一部の作品を除いて、アルバムごとに踏み込んだ紹介が無いのが残念。90年代の作品に関しては凄さがいまいちわからないからこの人なりの視点からの文章が読みたかった。

  • Atsushi Iida さん

    著者な遺稿になるそう。ウィントンだったんだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中山康樹

1952年、大阪府堺市生まれ。ジャズ専門誌「スイングジャーナル」編集長などを経て、独立後は音楽評論家として活躍。「スイングジャーナル」時代には、現地取材で多くのジャズ・レジェンドと親交を深め、とくにマイルス・デイヴィスについては、そのレコーディングに立ち会うなど、「マイルスにもっとも近い日本人」と呼

プロフィール詳細へ

中山康樹に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品