連続殺人鬼カエル男 宝島社文庫

中山七里

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784796680899
ISBN 10 : 4796680896
フォーマット
出版社
発行年月
2011年02月
日本
追加情報
:
16cm,411p

内容詳細

マンションの13階からフックでぶら下げられた女性の全裸死体。
傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。これが近隣住民を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の凶行だった。
警察の捜査が進展しないなか、第二、第三と殺人事件が発生し、街中はパニックに……。無秩序に猟奇的な殺人を続けるカエル男の正体とは? どんでん返しにつぐどんでん返し。最後の一行まで目が離せない

【著者紹介】
中山七里 : 1961年、岐阜県生まれ。花園大学文学部国文科卒業。『さよならドビュッシー』(宝島社文庫)で第8回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
かわいい?表紙とは全く違う怖い小説です。...

投稿日:2021/06/19 (土)

かわいい?表紙とは全く違う怖い小説です。中山七里さんはテンポよくどんどん話が進むし先が気になるのでどの作品も一気読みです。さすが大どんでん返しの帝王!ラストはびっくりです。岬洋介シリーズとは全く違うタイプの小説ですが本当に面白いです。ちなみにこの続編も面白かったです。

Yuki さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
名作ですね。とにかくどんでん返しがすごい...

投稿日:2021/04/17 (土)

名作ですね。とにかくどんでん返しがすごいので、レヴューなどは読まずに見るのを強くおすすめいたします。面白い!!!

みっちゃん さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 禍腐渦狂紳士タッキー【主にBL作品感想係】 さん

    【かえるはぜんぶぼくのおもちゃだ】吊るされ、潰され、解剖され、焼かれる犠牲者たちの遺体。人間の尊厳を踏み躙る残虐な方法と、現場に残される稚拙な文章。カエル男によって翻弄される警察に市民たち。恐怖のあまりに市民たちが暴徒と化して警察とバトったり、古手川が色々と大変な目に遭ったりとハラハラしっぱなしでした。犯人らしき独白も混ぜてあり、登場人物と照らし合わせると怪しい人物がすぐに思い浮かぶけどその予想を嘲笑うどんでん返し返しな展開が非常に面白かったし、最後のオチは背筋が凍りますね。因果応報、まさにその通り。

  • ウッディ さん

    猟奇殺人現場に残されていた小学生の作文のようなメモ、動機や事件の関連性が分からず、市民を恐怖に落とし入れたカエル男。渡瀬と古手川は犯人をあげることができるのか?中山さんらしい後半のどんでん返しとラストの衝撃はさすがでした。ただ、市民がパニックになり、警察署を襲うあたりは無理があるかと思いました。父から性的虐待を受け、殺人を犯した過去を持つナツオが誰か?刑法第39条の是非について、少年院で御子柴礼司を救ったピアニストの登場など、読み応えはありました。続編も楽しみです。

  • zero1 さん

    心神喪失者の罰と社会復帰問題を強く訴えた。連続殺人の意味は?警察への挑戦状は後に思わぬ波紋を呼ぶ。某有名作品の二番煎じではなく、刑法39条など社会的に訴えるものが多い。終盤は真相の裏に、さらなる真相が隠されていた。ミスディレクションも見事。古手川など他の作品とのリンク(後述)を確認すべく再読。表現がグロくて痛いので、読者によっては敬遠するはず。それでも読む価値がある秀作。警察署内を描写するため、作者は苦労している(後述)。第8回「このミス」最終選考にダブルエントリー。18年続編の「ふたたび」が出ている。

  • nobby さん

    そのタイトルと表紙がだまし絵的にグロい内容。何より犯人との数々の対決の描写がしつこい位に痛い…いくつもひっくり返る仕掛けは作者ならでは。アナグラムばかり気にしてたら、なるほどそういう切り口かと(笑)そして、確かに最後の一行で「あっ」と声が出ます。

  • れみ さん

    埼玉県警の渡瀬・古手川コンビが連続猟奇殺人事件に挑むお話。予想はしてたけどかなりグロいし終盤にかけての古手川の痛めつけられ方がハンパない。でも、というかだからこそというべきか、読むのがやめられない。なんとも後味の悪い、しかも昔みたホラー映画のようなラストがたまらなくモヤモヤする…!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中山七里

1961年岐阜県生まれ。花園大学文学部国文学科卒。2009年『さよならドビュッシー』で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、2010年に1月デビュー。同作は映画化もされベストセラーになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

中山七里に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品