与謝野鉄幹/与謝野晶子 新学社近代浪漫派文庫

与謝野鉄幹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784786800719
ISBN 10 : 4786800716
フォーマット
出版社
発行年月
2006年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,366p

内容詳細

目次 : 与謝野鉄幹(東西南北/ 鉄幹子(抄)/ 亡国の音)/ 与謝野晶子(みだれ髪/ 晶子歌抄/ 詩篇/ ひらきぶみ/ 清少納言の事ども ほか)

【著者紹介】
与謝野鉄幹 : 明治六年、京都府に生れる。年少にして漢詩をものした早成の才は、上京して落合直文の門に入り、新派和歌の推進者として旧派を難ずる「亡国の音」を明治二十七年に発表すると、渡韓して閔妃暗殺事件に関与し、国士ぶりを行動に描く。その間の詩情を、同二十九年刊行の詩歌集「東西南北」に賦して再び詩歌の革新につとめた運動は、同三十二年「東京新詩社」の設立に続いて「明星」の発刊に展開、晶子はじめ、吉井勇、北原白秋、高村光太郎らの名家を輩出し、文字どおり絢爛たる浪漫主義文学の隆盛を招来した点、その存在において大なるものがあった。その後、新天地を求めて渡仏して得た成果を、大正三年、訳詩集「リラの花」に著し、昭和十年歿

与謝野晶子 : 明治十一年、大阪に生れる。堺女学校に在る頃から古典に親しみ、やがて詩歌の作をなすうち、同三十三年「東京新詩社」の社友となり、相識った鉄幹との恋愛を才気と情熱の迸るまま放胆に歌い上げた作品を「明星」に掲げたのを、翌三十四年に処女歌集「みだれ髪」として上梓する。近代の短歌の途を拓いた一巻によって、広く文芸界に名を馳せ、結婚した鉄幹との家庭を治めながら、その後「小扇」あるいは山川登美子、茅野雅子との合著「恋衣」他に円熟した歌境を示す一方、社会問題に関心しては評論に筆を揮い、「源氏物語」の現代語訳等、広汎な活動は、近代日本の女性史上に一大偉観をなした。昭和十七年歿、遺歌集「白桜集」がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ダイキ さん

    大学図書館。現在は殆ど顧みられる事のない鐵幹の詩歌、私はかなり好きなのですが、やはり晶子さんのものを続けて読むと、その大きさの前にあっという間に霞んでいってしまうようです。『みだれ髪』の中では、「清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき」が最も好きで、今でも夜の祇園を歩けばこの歌を実感する事が出来ます。みだれ髪に於ける晶子さんの奔放な歌風は遺稿集の『白桜集』に至っては良くも悪くも順当に潜まり円熟した歌境を示され、「鞍馬山歌の石とは知りながら君仮初めに住むここちする」などは殊にかなしいです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

与謝野鉄幹

明治六年、京都府に生れる。年少にして漢詩をものした早成の才は、上京して落合直文の門に入り、新派和歌の推進者として旧派を難ずる「亡国の音」を明治二十七年に発表すると、渡韓して閔妃暗殺事件に関与し、国士ぶりを行動に描く。その間の詩情を、同二十九年刊行の詩歌集「東西南北」に賦して再び詩歌の革新につとめた運

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品