ロシアとソ連 歴史に消された者たち 古儀式派が変えた超大国の歴史

下斗米伸夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309225906
ISBN 10 : 430922590X
フォーマット
出版社
発行年月
2013年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
330p;20

内容詳細

宗教改革において熾烈な迫害を受けながら、闇に集い生き延びた古儀式派と呼ばれる者たち。しかし、彼らは激動の革命史のなかで復活を遂げ、ロシア史に多大な影響を与えることになる。宗教の観点から切り込み、長らくタブーとされてきた古儀式派の存在に挑んだ、新しいロシア史。

目次 : 第1章 古儀式派とは何か/ 第2章 古儀式派の再生/ 第3章 二〇世紀ロシアと古儀式派/ 第4章 ボリシェビキ革命と宗教/ 第5章 ソビエト体制と宗教/ 第6章 ソ連体制の展開とコムニズム/ 終章 ソ連崩壊と宗教

【著者紹介】
下斗米伸夫著 : 1948年札幌市生まれ。東京大学大学院法学博士課程修了。現在、法政大学法学部国際政治学科教授。法学博士。著書に『アジア冷戦史』(中公新書・アジア太平洋賞特別賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • むっち さん

    よくよく考えれば、ソ連にしてもロシアにしても、日本人は、ほとんど関心がない。  しかし、アメリカよりも古い歴史のある東ヨーロッパのこの国もキリスト教会と無関係ではないのだと改めて知らされた感じだ。  そもそも、ソビエトとはロシア帝国成立時にギリシャ正教が国教化されたことに反攻した民族主義的な古儀式派と呼ばれるキリスト教会派の評議会を表す言葉であり、それがソビエト(会議)の元となったのではないかという指摘や、労農同盟とはロシアの農民であり、大半がロシア帝国から辺境に追いやられた古儀式派の信者だった。これが新

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品