インダス文明ガイドブック シリーズ「古代文明を学ぶ」

上杉彰紀

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787723123
ISBN 10 : 478772312X
フォーマット
出版社
発行年月
2023年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
96p;21

内容詳細

モヘンジョダロ遺跡に代表されるインダス文明は、紀元前2600〜前1900年頃、インダス川流域の平野を中心に、周辺の平原部・高原地帯を含む広大なエリアで栄えた。印章、インダス文字、土偶、石製ビーズの装身具などに着目し、狭域・広域・超広域という三つの空間スケールでインダス文明を読み解く。

目次 : インダス文明が栄えた地域/ インダス文明の範囲/ インダス文明の編年/ インダス文明研究の歴史/ インダス文明の成り立ち/ インダス文明の都市/ 都市の生活空間/ インダス文明の食料生産/ インダス文明の食文化/ インダス文明のアイデンティティ(1)―印章/ インダス文明のアイデンティティ(2)―文字/ インダス文明のアイデンティティ(3)―土偶/ インダス文明の工芸品/ 社会を支えたもの(1)―墓と工芸品生産/ 社会を支えたもの(2)―物流と権力組織/ インダス文明社会の宗教/ インダス文明と周辺地域の交流/ インダス文明社会の衰退/ インダス文明社会の変遷/ インダス文明のその後

【著者紹介】
上杉彰紀 : 1971年、石川県生まれ。関西大学大学院文学研究科博士課程後期課程単位取得退学。博士(文学)。総合地球環境学研究所プロジェクト研究員、金沢大学古代文明・文化資源学研究所特任准教授などを経て、2023年4月より鶴見大学文学部文化財学科准教授。関西大学在学中よりインドにある鉄器時代・古代の都市遺跡であるマヘート遺跡の発掘調査に参加し、その後、総合地球環境学研究所の「環境変化とインダス文明」プロジェクトの一環として、インドにあるファルマーナー遺跡、ギラーワル遺跡、カーンメール遺跡、ミタータル遺跡など、インダス文明時代の遺跡の発掘調査に携わった。現在では、インド、パキスタンでさまざまな研究プロジェクトに関わるほか、バハレーンでも考古学調査をおこなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

上杉彰紀

1971年、石川県生まれ。関西大学大学院文学研究科博士課程後期課程単位取得退学。博士(文学)。総合地球環境学研究所プロジェクト研究員、金沢大学古代文明・文化資源学研究所特任准教授などを経て、2023年4月より鶴見大学文学部文化財学科准教授。関西大学在学中よりインドにある鉄器時代・古代の都市遺跡である

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品