1日外出録ハンチョウ 3 ヤングマガジンKC

上原求

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065111000
ISBN 10 : 4065111005
フォーマット
出版社
発売日
2018年03月06日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;19

内容詳細

地下暮らしをしつつ「1日外出券」で地上に出ては、贅の限りを尽くす男、大槻班長‥! 日本食か中華かイタリアンか、悩んだことはないだろうか‥? 安かろう悪かろうで、本当に良いものを我慢してはいないだろうか‥? 意気揚々とミキサーを買ったはいいが、使い道に悩んではいないだろうか‥? それ‥‥全て解決するっ‥! 大槻の手にかかればっ‥! 『カイジ』の飯テロ・スピンオフ、人生に役立つ第3巻!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • J7(読メ低浮上中) さん

    3巻になってスピンオフならではのハジけっぷりがますます加速しているハンチョウ。『孤独のグルメ』の“俺の腹は今、何腹なんだ?”を100倍シュールにしたような脳内世界各国(の味覚)大槻会議や、地下労働施設にも訪れる年末年始の、ゆく年くる年。本編は昼も夜もないような世界に見えただけに、あんな大晦日の過ごし方をしているのを見ていると、それだけでシビアな世界観を忘れて微笑ましく感じられてしまうのがなんとも。何度でも読み返したくなるくらい好きなのは『六帖』と『明日』大人になっても仲間とあんな休日を過ごせたら最高だな!

  • オザマチ さん

    今回もキレッキレでした。いっそこのまま全国旅してほしいぐらい。

  • ゆみざ さん

    お泊まり会は大学生の日常ノリみたいでおもしろい笑。

  • 近藤 さん

    どんどん加速するギャグのキレ。イギリスと名古屋ネタが面白すぎてヤバい。外伝的クロスオーバー系ではここ十年で一番の当たりかもしれない。

  • 小鈴 さん

    本編カイジよりマンネリ化せず、笑いを保っているじゃないか(笑)。白眉は名古屋編。さすがハンチョウ!わかってくれましたか!そうなんです!「全体的になんとなく。。。。雑。。。。!」。名古屋に対するもやもやした感じをいいあててくれてありがとう!ほんとそれ!大阪は分かる。札幌や横浜、博多も分かる。都市の個性がある。でも、名古屋は。。。でもね、住むと案外いいところなのが不思議。あんこも好きになりますよ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

上原求に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品