ロード・エルメロイII世の事件簿 8 「case.冠位決議 上」 角川文庫

三田誠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041099605
ISBN 10 : 4041099609
フォーマット
出版社
発行年月
2020年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
304p;15

内容詳細

不気味にうごめくハートレスの足跡を辿るべく、調査していたエルメロイII世とグレイのもとにもたらされたのは、『冠位決議(グランド・ロール)』の知らせであった。
何人もの君主(ロード)と代行たちが集まるという会議に、無論エルメロイII世も召集されることになる。
しかし、このたび掲げられた問題は、貴族主義派、民主主義派の双方を揺さぶり、魔術協会全体を混乱に陥れる陰謀の渦だった。
時計塔の地下に広がる大迷宮と、その生還者。
謎の、連続失踪事件。
そして、いずれ劣らぬ時計塔の支配者たち。
『ロード・エルメロイII世の事件簿』、最後の舞台の幕がいま開く。

【著者紹介】
三田誠 : ライトノベルの執筆を中心に活躍。近年では、TRPGリプレイ形式の創作物『レッドドラゴン』のフィクション・マスター、漫画の原作など、多岐にわたり活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みどり さん

    シリーズの中で一番面白いと思った。 でも、それもそのはず、これで最後になるらしい。もうちょっとボリュームが欲しいところだけど、 これはこれで。 エルメロイ教室がどうなるか、最後まで楽しみである。

  • 彼方 さん

    君主を集めて行われる時計塔の最高決定機関『冠位決議』開催の報がもたらされ、宿敵ハートレスの足跡を追うと共に情報収集を始めるエルメロイU世。陰謀渦巻く時計塔を舞台に物語は最終章へ。霊墓アルビオンの成り立ちは正にファンタジーで興味深く、なにやら橙子さんの関与など色々と気になるもののまだまだ話は準備段階で、上中下構成な事もあって些か物足りない始まり。二大派閥の対立した内容と迷宮生還者の失踪事件、シンプルな二つの物事がどうハートレスの目的に繋がっていくのか…そして図られたエルメロイU世の決断とは…次巻も期待です。

  • よねはら さん

    終わりの始まりというか、まだまだ序章だぞ覚悟しとけという様相です。メタルII世可愛いねフフフなんて言ってる場合じゃなかった。一度は諦めた王との再会を敵から出されてしまったII世ですが、きっと胃を痛め傷つきながらも否定するのだろうという気がします。そんな彼を周囲の人も好いているのだ…

  • 織田秋葉 さん

    いよいよラストエピソード。 これまでの登場人物勢ぞろい。 時計塔の地下にある迷宮と、前現代魔術科ロードをめぐる物語と、エルメロイ二世の心残りであるところのイスカンダルと。すべてが一気に押し寄せてくる。 権謀術策、魑魅魍魎渦巻く時計塔で奮闘するエルメロイ二世と、義妹のライネス。彼の弟子たちも巻き込んで物語はどう終息するのか。次巻が楽しみです(なんと上中下巻の3部作!)。

  • JUSA さん

    最終話に突入ですね。いろいろ突拍子もない設定が出てきますが、これが型月ですから目をつぶります。目標がイスカンダルの再誕だとアーチボルトさんはどうするのでしょうか。どちらに転んでも面白い展開になりそうです。次巻に期待。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三田誠

TVアニメ化された『レンタルマギカ』のほかに『クロス×レガリア』など、ライトノベルの執筆を中心に活躍。多岐にわたり活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

三田誠に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品