ロード・エルメロイII世の事件簿 3 「case.双貌塔イゼルマ 下」 角川文庫

三田誠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041080764
ISBN 10 : 4041080762
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
289p;15

内容詳細

至上の美を体現する、双子の黄金姫と白銀姫。そのお披露目で起きた殺人事件は、アトラム・ガリアスタの乱入、エルメロイ教室の弟子たちの参戦で混迷を極める。陰謀と闘争が交錯する第二幕の結末を刮目せよ!

【著者紹介】
三田誠 : TVアニメ化された『レンタルマギカ』のほかに『クロス×レガリア』など、ライトノベルの執筆を中心に活躍。多岐にわたり活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • スズ さん

    ガリアスタ率いる魔術師達の襲撃を受け、迎撃に向かうエルメロイ教室とイゼルマ。更に混沌化する戦場に封印指定者・蒼崎燈子も参戦し…。時計塔最高の魔術師である幻の『冠位』の名に恥じぬ圧倒的な魔術によりたった一人で戦場の趨勢を支配する燈子の異常な強さが際立っており、グレイにロンゴミニアド解放を決意させる程の魔術戦が非常に見物。イスカンダルのマントを賭けた推理でのエルメロイU世の魔術や人の情念を解剖していくかのような語り口がお気に入り。ガリアスタがここで予定通りジークフリートの聖遺物を入手出来ていればあんな事には…

  • 南北 さん

    シリーズ3作目。今回はグレイが語り手です。上巻に続いて謎解き編かと思ったら、戦闘シーンもあって圧倒されました。橙子さんがあんなことになってしまうとは・・・。スヴィンやフラットの活躍もあり、なんとか解決しますが、ロード・エルメロイU世が魔術師としては二流でも弟子の育成には才能があることがよくわかります。

  • 雪紫 さん

    立ち読みで読了。橙子さんがほとんど持って行き過ぎだろ・・・空の境界よりタチ悪くなってません?UBWアニメで見た時はアドラムはざまあ要員だったけどこういう面があったのね・・・てか、下手すれば事件が霞むくらいにバトル展開や事件後の展開濃いですな。だからか結末に和む。和むわ。

  • ソラ さん

    Fate自体はちゃんと見たのはStay nightだけでZeroとかはあまりわかっていはいないのだけれど、そういう世界観を知らなくても十分楽しめる。

  • HANA さん

    下巻。今回は上巻での謎を解いていき最終的に魔術戦。別作品キャラはやっぱり強い。色々な意味で。そしてU世の弟子たちもかなり優秀で。この作品の謎は本当に良い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三田誠

ライトノベルの執筆を中心に活躍。多岐にわたり活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

三田誠に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品