ロード・エルメロイII世の事件簿 2 「case.双貌塔イゼルマ 上 」 角川文庫

三田誠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041080757
ISBN 10 : 4041080754
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
273p;15

内容詳細

双貌塔イゼルマに住まう至高の美を持つ黄金姫・白銀姫のお披露目に、エルメロイII世の義妹であるライネスも参加することとなった。三大貴族、冠位の魔術師、魔術と美、幻想と陰謀とが交錯する第二幕開演。

【著者紹介】
三田誠 : ライトノベルの執筆を中心に活躍。近年では小説の執筆以外に、TRPGリプレイ形式の創作物『レッドドラゴン』のフィクション・マスター、漫画原作など、多岐にわたり活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • スズ さん

    究極の美による根源への到達を目指すイゼルマ家が生み出した黄金姫と白銀姫のお披露目パーティーに出席する事になったライネスとグレイ。圧倒的なその美貌に耽溺しそうになるライネスだが、エルメロイ派への亡命を望んだ黄金姫が何者かに殺害され、容疑者にされてしまい…。『空の境界』の蒼崎橙子やステイナイトのキャスターのマスター等、他作品を知っていると彼らの登場に興奮を隠しきれないです。時計塔の派閥争いの構図も分かりやすい。苦悩続きの前半・中盤のライネスの考察を、終盤で補足訂正するエルメロイU世の推理に希望の光が灯りますね

  • とかげのしっぽ さん

    ★★★☆☆ライネスが一巻で読んだ印象とは違い、なんだか普通の女の子に思えた。まぁ意地が悪いというのはそのまんまでしたが。エルメロイ二世が到着した後のあの頼りになる感があって昔を思い返すと成長したなぁと感慨深いものが。それでもなんかお茶目なところは残しつつというのも良い。

  • みどり さん

    このまま、U世は登場しないんじゃ?と思ってしまったよ。でもさすがに超推理とはいかないらしい。

  • どんぐり さん

    一体何をしてるんだ、レディ・・ただただカッコいい。妹が主人公の体裁で話が進んでいき、兄上は安楽椅子探偵と思いきや、ここぞで登場。橙子さんも登場の今巻、次が楽しみで仕方がないですね。グレイの活躍にも期待を込めて。

  • ブー さん

    今巻も、上巻ながら面白かった。冒頭、U世誕生話に始まり、今回は、エルメロイの姫が、とあるお披露目パーティに出席し、事件に巻き込まれる!さすが、三田先生!魔術系のお話ですと、同世界観なのですが、もう少し深い感じがします。また、此処にきて、あのドール・マスターが登場!物語を盛り上げてますね。しかし、流石は姫!彼女に対し「色」のお話をしなかったのは流石です。物語的にも、U世登場ともう一派が乱入しそうですね。下巻も楽しみです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三田誠

TVアニメ化された『レンタルマギカ』のほかに『クロス×レガリア』など、ライトノベルの執筆を中心に活躍。多岐にわたり活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品