文芸オタクの私が教えるバズる文章教室

三宅香帆

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784801400672
ISBN 10 : 4801400671
フォーマット
発行年月
2019年06月
日本
追加情報
:
299p;19

内容詳細

“星野源の未熟力”“村上春樹の音感力”“さくらももこの配慮力”―ネタ、つながり、専門知識がなくてもOK!話題の京大生ライターが言語化した“モテまくる文章”の科学。

目次 : 1 バズるつかみ―どうすれば、振り向いてくれる?(良心的釣りモデル しいたけの誘引力―最初に意味不明な言葉を放り込む。/ 未解決疑問モデル 星野源の未熟力―問いを共有する。 ほか)/ 2 バズる文体―どうすれば、心を開いてくれる?(5音9音ぶつ切りモデル 村上春樹の音感力―読みたくなるリズムを使う。/ 曖昧共感モデル かっぴーの弱気力―曖昧さを残す。 ほか)/ 3 バズる組み立て―どうすれば、楽しんでもらえる?(妄想上昇モデル 秋元康の裏切力―オチでひっくりかえす。/ 結末省略モデル 江戸小噺の小粋力―あえて、みなまで言わない。 ほか)/ 4 バズる言葉選び―どうすれば、思い出してくれる?(片仮名強調モデル 俵万智の合図力―カタカナで注目させる。/ 共通言語投入モデル 松井玲奈の国民力―万人に通用する例を出す。 ほか)

【著者紹介】
三宅香帆 : 文筆家、書評家。1994年生まれ。高知県出身。京都大学大学院人間・環境学研究科博士前期課程修了。天狼院書店(京都天狼院)元店長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • タナカ電子出版 さん

    この本は沢山の人に文章を読んでもらうための文章術本です✨この本の著者 三宅香帆さんの分析力が凄いんです‼️色んな作家の文章を分類分析して紹介していく方式にすごくはまってしまいます。4章構成からなり 1章つかみ 2章文体 3章組み立て 4章言葉選び そして、それぞれ章にこの作家◯◯力とわかりやすく解説してくれます🎵気に入ったら読んでみてください📚👀‼️

  • ひなた さん

    いつもと同じパターンの文章を、少しでも変えたいと思っている人にオススメ。約50人分のモデル文章→バズるポイント解説→まとめ、の流れなのでとても分りやすく、ここまで分析されると、各作家さんの個性がはっきり見えてくるので面白かった。私の文章も分析してほしい。

  • もりたのちゃんさえ さん

    バズりたいので読んだ(素直な面を褒めて)。読んでみて、やっぱ、この間読んだゆうこすさんのやつでも思ったんだけど、ネットでバズる人とか、ネットで有名になる人って、すごい。努力の質が違う。ライトで意識高い系な感じのデザインとは裏腹に、もはやこれは論文なのではレベルの知識量と、丁寧に解説された手法。これが1400円って、いいなあ、いい時代に生まれたなあ。一番最初に持ってきているテクニックから、もう、わあ使えそう、となる。最初に意味不明な、でもちょっとドキッとするような単語を配置して、それを解説する。とか。

  • tknmst さん

    バズらないおっさんが読んでみた。良いところ3つ。1.ピンクで可愛い。2.ウェブの人から文豪まで「◯◯◯◯(書き手)の△△力」でまとめ上げた構成力。3.それぞれの書き手に興味を持つきっかけにもなっている。日本語教育の棚にあったが、読み物として単純に面白かった。

  • haru* さん

    こんなに文学作品を自分なりにでも消化してる人がいるんだ!と驚きました。 色んな作家さんの文章や秋元康さんの歌詞を解説する形で、どうやったら自分の文章にその技術を落とし込めるかまとめられた本です。 私が“読まず嫌い”をしていた作家さんの文にも触れることができました。 文章を書くことが好きな人も苦手な人も楽しめるはず!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三宅香帆

文筆家、書評家。1994年生まれ。高知県出身。京都大学大学院人間・環境学研究科博士前期課程修了。天狼院書店(京都天狼院)元店長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品