CD 輸入盤

ヴァイオリン協奏曲ライヴ集〜ベートーヴェン、モーツァルト、ブラームス、他 エリカ・モリーニ、ミュンシュ、セル、ワルター、ホーレンシュタイン(1953-62)(2CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MR2598
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

朗報! エリカ・モリーニ、巨匠たちとの協奏曲ライヴ集

名女流エリカ・モリーニ[1904-1995]はウィーンの生れ。ユダヤ系だったために1938年からはアメリカに移住し、活動の拠点を移しました。何しろ1916年には世界一の大指揮者ニキシュと共演している程ですから神童の名を恣にしました。
 巨匠たちの豪華な伴奏を得た協奏曲ライヴ集が登場! ベートーヴェンはミュンシュの剛直で男性的なベートーヴェン像に嫋やかなモリーニのヴァイオリンが花開きます。第一楽章が終わっての熱狂的な拍手も凄まじいものがあります。第3楽章のカデンツァ部分に目立つノイズがございますのでご了承の上お求めください。
 モーツァルトの『トルコ風』は相性の良かったセルとの共演。ザルツブルク・ライヴ。セルもつられてロマンティックなモーツァルトを聴かせてくれます。まるで泣き声のような切なさ! ブラームスはワルターの壮大な、そしてロマンの神髄のような伴奏を得ての飛翔。既出CDは音が籠り気味でしたが改善されております。ここでも第一楽章終了後、盛大な拍手が送られております。チャイコフスキーの伴奏がホーレンシュタインというのも感激です。華麗な芸風と瀟洒な芸風のミスマッチは必聴です。ベートーヴェン以外は良好な音質と申せましょう。(輸入元情報)

【収録情報】
● ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61
[24:26][9:49][9:49]

 エリカ・モリーニ(ヴァイオリン)
 ボストン交響楽団
 シャルル・ミュンシュ(指揮)
 1962年1月12日ライヴ

● モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K.219『トルコ風』 [10:34][10:31][9:36]

 エリカ・モリーニ(ヴァイオリン)
 フランス国立放送管弦楽団
 ジョージ・セル(指揮)
 1959年8月3日ライヴ

● ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.77 [19:58][9:11][7:33]

 エリカ・モリーニ(ヴァイオリン)
 ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団
 ブルーノ・ワルター(指揮)
 1953年12月20日ライヴ

● チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.35 [17:47][6:08][8:24]

 エリカ・モリーニ(ヴァイオリン)
 フランス国立放送管弦楽団
 ヤッシャ・ホーレンシュタイン(指揮)
 1957年12月19日ライヴ

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
このセットのいちばんの聴き所は、やはりワ...

投稿日:2018/07/03 (火)

このセットのいちばんの聴き所は、やはりワルターさんと共演したブラームスの協奏曲でしょうか?ワルター指揮のオケは格調も高くしなやかでモリーニさんの芸風にもマッチしています。温室もモノラルながら聴きやすいです。

ルシータ さん | 東京都 | 不明

0

ヴァイオリン作品集に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品