CD 輸入盤

『パルジファル』全曲 クナッパーツブッシュ&バイロイト、トーマス、ロンドン、ホッター、ダリス、他(1962 ステレオ)(4CD)

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
416390
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

『パルシファル』の決定盤!
クナッパーツブッシュのステレオ・ライヴ!

1962年ステレオ録音。バイロイトが伝説だった時代を象徴する素晴らしい演奏。作品の性格もあってか、ここでの神秘的な雰囲気、崇高さへの希求といった宗教的性格の濃厚さと、対置されるドラマの織り成すコントラストには凄いものがあるのですが、全体に強烈な統一感、一体感が感じられるのは、やはりクナッパーツブッシュの力でしょう。すでに40年近く経過していますが、この作品に関する限り、ほかの指揮者の演奏はどれも表面的なドラマに聴こえてしまうほど、ここでの演奏の雰囲気は独特です。

パルシファル:ジェス・トーマス
グルネマンツ:ハンス・ホッター
アンフォルタス:ジョージ・ロンドン
ティトゥレル:マルッティ・タルヴェラ
クリングゾール:グスタフ・ナイトリンガー
クンドリー:アイリーン・ダリス
第1の聖杯騎士:ニールス・メラー
第2の聖杯騎士:ゲルト・ニーンシュテット
第1の小姓:ソナ・セルヴェナ
第2の小姓:ウルスラ・ベーゼ
第3の小姓:ゲルハルト・シュトルツェ
第4の小姓:ゲオルグ・パスクタ
花の乙女:グンドゥラ・ヤノヴィッツ
花の乙女:アニア・シリア
花の乙女:エルセ・マルグレーテ・ガルデッリ
花の乙女:ドロテア・ジーベルト
花の乙女:リタ・バルトス
花の乙女:ソナ・セルヴェナ
アルト独唱:ウルスラ・ベーゼ
バイロイト祝祭合唱団
ヴィルヘルム・ピッツ(合唱指揮)
バイロイト祝祭管弦楽団
ハンス・クナッパーツブッシュ(指揮)

1962年7月、8月、バイロイト祝祭劇場でのステレオ録音


収録曲   

クラシック曲目

  • Richard Wagner (1813 - 1883)
    Parsifal
    演奏者 :
    Thomas, Jess (Tenor), Talvela, Martti (Bass), Neidlinger, Gustav (Bass Baritone), Dalis, Irene (Mezzo Soprano), Hotter, Hans (Baritone), London, George (Baritone), Janowitz, Gundula (Soprano), Silja, Anja (Soprano), Boese, Ursula (Mezzo Soprano), Nienstedt, Gerd (Bass Baritone), Moller, Niels (Tenor), Cervena, Sona (Mezzo Soprano), Stolze, Gerhard (Tenor), Paskuda, Georg (Baritone), Siebert, Dorothea (Soprano)
    指揮者 :
    Knappertsbusch, Hans, Knappertsbusch, Hans
    楽団  :
    Bayreuth Festival Orchestra, Bayreuth Festival Chorus
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Opera
    • 作曲/編集場所 : 1877-1882, Germany
    • 言語 : German
    • 時間 : 250:0
    • 録音場所 : 1962, Festspielhaus, Bayreuth, Germany [Live]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
20
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
★
★
★
★
ワーグナーのスペシャリストであり、 「パ...

投稿日:2021/03/18 (木)

ワーグナーのスペシャリストであり、 「パルジファル」のスペシャリストの 最高傑作が62年版。 「パルジファル」のために捧げた音楽人生。

ハッチ さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
★
究極の名演奏ですが、LPが一番よく、CDもLP...

投稿日:2021/03/08 (月)

究極の名演奏ですが、LPが一番よく、CDもLPの音質にはなっていないし、SACDの評判も極めて悪いので購入する予定はない。倉庫にしまってあるレコードプレーヤーを再生する予定である。LPからCDに移行して足音は付加されたが、音の艶がなくなり残念である。しかしながらこの演奏を超える演奏は現れることはないだろうから当分の間このCDで楽しもうと思う。

LFA さん | 千葉県 | 不明

0
★
☆
☆
☆
☆
この名演がどんな高音質で聴けるかと期待し...

投稿日:2017/06/25 (日)

この名演がどんな高音質で聴けるかと期待したが、第1幕の前奏曲を聴き始めてズッコケてしまった。今回のリマスターははっきり言って大失敗である。暗騒音と聴衆の咳が全く聞こえ無いのである。誰も咳など聞きたくはないが、リマスタリングで除去すると同時に本来名録音である一番美味しいところがすっぽり抜け落ちてしまった。これでは何の為のSACD化なのか、この様な商品を発売するメーカーの見識を疑う。

kudappy さん | 千葉県 | 不明

10

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品