CD 輸入盤

『パルジファル』全曲 カラヤン&ベルリン・フィル、ホフマン、モル、ヴェイソヴィチ、ヴァン・ダム、ニムスゲルン、他

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4133472
組み枚数
:
4
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ワーグナー:『パルジファル』全曲
カラヤン指揮ベルリン・フィル

1979,80年デジタル録音。パルシファルの特徴はなんといってもオーケストラの醸し出す神秘的な雰囲気にありますが、その意味ではこの演奏の水準の高さはまさに空前絶後。当時のベルリン・フィルは本当に凄い音がしていました。
 「70歳になったらパルジファルを」と常々口にしていたというカラヤンにとって、当盤はまさに宿願ともいうべきレコーディングだったようです。パルジファル役のペーター・ホフマンが、この録音のリハーサル中に曲の美しさに感動を抑えきれなくなったカラヤンが涙を流したというエピソードを語っていますが、日頃はどちらかというと警戒心が強い人柄と伝えられることが多かったカラヤンだけに、このオペラに対する思い入れが尋常一様ではなかったことが伺えます。
 実際、前奏曲を聴いただけでも、カラヤンの深い傾注ぶりは如実に感じられるところ。まさに空前と言うほかはない美感には絶句するほかありません。有名な「聖金曜日の音楽」での溢れかえるような美の洪水、第一幕の場面転換の箇所での豪壮にして荘重なサウンドなど、ベルリン・フィルとの長い共同作業の中でも、まず筆頭に挙げられるべき素晴らしい成果と言えるでしょう。
 キャストも実に充実しており、とりわけ作品全体の要ともいえるクルト・モルのグルネマンツ役が絶品。アルト独唱にわざわざハンナ・シュヴァルツを招いて万全を期するあたりも、カラヤンならではの周到さです。
 名エンジニア、ギュンター・ヘルマンスによる録音も、広大な空間性と、圧倒的な金管の響きに代表される克明さを両立させたきわめて高品位なもの。初期デジタル録音としては破格のクオリティで“カラヤン宿願のレコーディング”に見事に応えています

ワーグナー:『パルジファル』全曲
 パルジファル:ペーター・ホフマン
 グルネマンツ:クルト・モル
 クンドリー:ドゥニャ・ヴェイソヴィチ
 アンフォルタス:ジョゼ・ヴァン・ダム
 ティトゥレル:ヴィクター・フォン・ハーレム
 クリングゾール:ジークムント・ニムスゲルン
 第1の聖杯騎士:クラエス・アーカン・アーンシェ
 第2の聖杯騎士:クルト・リドル
 第1の小姓:マリヨン・ランブリクス
 第2の小姓:アンネ・イェヴァング
 第3の小姓:ハンナ・ホプフナー
 第4の小姓:ジョージ・ディッキー
 花の乙女:バーバラ・ヘンドリックス
 花の乙女:ジャネット・ペリー
 花の乙女:ドリス・ゾッフェル
 花の乙女:インガ・ニールセン
 花の乙女:オードリー・ミッチェル
 花の乙女:ロハンギス・ヤシュメ
 アルト独唱:ハンナ・シュヴァルツ
 ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団
 ワルター・ハーゲン・グロル(合唱指揮)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 録音:1979,80年、ベルリン、フィルハーモニーでのデジタル録音

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 第1幕 前奏曲
  • 02. 第1幕 おい! おい! 森の番人たち(グルネマンツ、第1と第2の騎士、第1と第2の小姓、クンドリ)
  • 03. 第1幕 それでよい!-ありがとう!-少し休むとしよう(アンフォルタス、第2の騎士、グルネマンツ)
  • 04. 第1幕 感謝しないで下さい!-はっは! お礼なぞ何もなりません(クンドリ、第3と第4の小姓、グルネマンツ)
  • 05. 第1幕 おお、傷をもたらす奇蹟の神聖なる槍よ!(グルネマンツ、第1、第2と第3の小姓)
  • 06. 第1幕 敬虔なる先王ティトゥレルは(グルネマンツ、小姓たち)
  • 07. 第1幕 かわいそうに!…こんなひどいことをしたのは何者だ?(小姓たち、騎士たち、グルネマンツ、パルジファル)
  • 08. 第1幕 では言いなさい! お前は私の尋ねることを何も知らないが(グルネマンツ、パルジファル、クンドリ)

ディスク   2

  • 01. 第1幕 王が浴みより帰って来る(グルネマンツ、パルジファル)
  • 02. 第1幕 場面転換の音楽
  • 03. 第1幕 お前がまだどんな智を持っているにしても(グルネマンツ、騎士たち、青年たちの声、少年たちの声)
  • 04. 第1幕 我が息子アンフォルタス、お前は席についているか?(ティトゥレル、アンフォルタス、少年たちの声、青年たちの声、騎士たち)
  • 05. 第1幕 聖杯の覆いをとれ!(ティトゥレル、声、少年たち)
  • 06. 第1幕 かつて聖杯の主は(少年たちの声、青年たちの声、騎士たち、グルネマンツ、アルトの声、合唱の声)
  • 07. 第2幕 前奏曲 時が来たのだーわが魔法の城はあの愚か者を今やおびき寄せるのだ(クルリングゾール)
  • 08. 第2幕 ああ!-ああ! 真夜中!(クンドリ、クルリングゾール)
  • 09. 第2幕 さわがしい音はここだった!(花の乙女たちの第1と第2グループ、合唱TとU、パルジファル)

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
もうあまりに有名な演奏だが、前奏曲開始す...

投稿日:2017/06/21 (水)

もうあまりに有名な演奏だが、前奏曲開始すぐのクレッシェンドからして、指揮者のみならずオケも気合の入り方が並大抵ではない。この指揮者にはむしろ珍しく表現意欲が全面に出ており、満を持してのレコーディングであったことを感じないわけにはいかない。ただ美しい音響などというこの指揮者の音楽への通俗的な批判のあてはまるレヴェルではない。正直カラヤンは、楽曲の把握の厳しさなどは、50年代の方が充実していたように思うが、これは別格だ。初心に返った気合とその後の円熟の二つを併せ持ったような演奏である。あらゆるオケのパートが、ことばのように実に雄弁にドラマを語る。奏者は極度の緊張を要請されたに違いない。実際「ことば」を担当する歌手達はそれに追随することに困難を覚えているかに聞こえてしまうほどだ。モルのグルネマンツが若者達に語る昔話しは素晴らしく感動的だが、それを打ち破るかのように巻き起こる撃ち落とされた白鳥をめぐる騒ぎの鮮やかなこと。場面転換の音楽はクナの神秘的な音楽の起伏とは対照的に、明確な指揮者の意識によって統率された輝かしい音楽だ。クナが影の法悦を描くとしたら、カラヤンは光の眩惑を描いている。アムフォルタスの苦悩のモノローグも目覚ましく雄弁だが、あくまで人間のドラマとして描かれている。歌手ではモルとファン・ダムは好演。主役のホフマンは一幕は冴えず、二幕の「覚醒」あたりから良くなるのは、音楽の通りで納得。この「覚醒」のクライマックスは、ヴェルディの「オテロ」の最後に似た所があるが、ホフマンはちょっぴりドミンゴのオテロを思わせる(私だけか知らん?)。ただクンドリーのヴェイソヴィッチはとてもソプラノ的な声なのはいいとしても、カラヤン好みの透明な美声(ヤノヴィッツとか)なのは分るが、この役にはちょっと明るすぎるのではないか?ニムスゲンも立派な声だが、昔のナイトリンガーなどと比べると、やや凄みに欠ける。「聖金曜日の音楽」では「指輪」でもいわれた音の塊に光を通すカラヤンの至芸がもう一段スケール・アップされて音楽がドライブされる。ホフマンもここは素晴らしい(ヴィッカースでなくて良かった)。その後の場面転換の音楽もベルリン・フィルの威力全開の底力が凄い。最後のところも張りつめた緊張が徐々にピークに向って解放されていくカタルシスを感じさせるが、これもカラヤンには珍しいことではないだろうか?彼としても会心の出来だったろうと思わざるを得ない。

mari夫 さん | 東京都 | 不明

4
★
★
★
★
★
カラヤンは、クラシック音楽史上最大のレコ...

投稿日:2011/07/06 (水)

カラヤンは、クラシック音楽史上最大のレコーディングアーティストであり、膨大な数の録音を行った。とりわけオペラはカラヤンの絶対的な得意分野であり、遺された録音はいずれも水準が高く名演も数多く存在しているが、その中でも最高峰に君臨する名演は、本盤におさめられたワーグナーの舞台神聖祝典劇「パルジファル」ということになるのではないだろうか。それどころか、同曲の数々の演奏の中でも、クナッパーツブッシュ&バイロイト祝祭歌劇場管による名演(1962年)と並ぶ至高の超名演と高く評価したい。もっとも、本演奏はクナッパーツブッシュによる演奏とはその性格を大きく異にしていると言える。クナッパーツブッシュによる名演がスケール雄大な懐の深い人間のドラマであるとすれば、カラヤンによる本演奏は、同曲の極上の絶対美を誇る旋律の数々を徹底して美しく磨き抜いた圧倒的な音のドラマということができるのではないだろうか。本演奏は1979〜1980年のスタジオ録音であり、カラヤン&ベルリン・フィルの黄金コンビがその最後の輝きを放っていた時期のものだ。当時のカラヤン&ベルリン・フィルは、鉄壁のアンサンブル、ブラスセクションのブリリアントな響き、桁外れのテクニックを示す木管楽器、雷鳴のように轟きわたるティンパニなどが一体となった圧倒的な演奏に、カラヤンが流麗なレガートを施し、それこそオーケストラ演奏の極致とも言うべき圧倒的な音のドラマの構築を行っていたと言える。本演奏においてもそれは大いに健在であり、どこをとっても磨き抜かれた美しさを誇るいわゆるカラヤン・サウンドで満たされていると言える。おそらくは、同曲演奏史上、最も美しく磨き抜かれた演奏と言えるところであり、とりわけ有名な「聖金曜日の音楽」における極上の美しさには、身も心も蕩けてしまいそうになるほどだ。このようなカラヤン&ベルリン・フィルが構築した絶対美の世界にあっては、歌手陣や合唱団もそれに奉仕する一つの楽器に過ぎないとも言えるところであり、これほどまでに美を徹底して突き詰めた演奏は、カラヤンとしても空前にして絶後の出来であったとも言えるのではないだろうか。正に、本演奏は、マーラーの交響曲第9番(1982年ライヴ)と並んで、稀代のレコーディングアーティストであるカラヤンが構築し得た究極の美しさを誇る至高の超名演であると高く評価したい。もっとも、歌手陣も、カラヤンが構築した美の世界の中のおいて素晴らしい歌唱を行っていると言える。とりわけ、パルジファル役のペーター・ホフマンとグルネマンツ役のクルト・モルの歌唱は圧倒的であり、花の乙女役のバーバラ・ヘンドリックスやアルト独唱のハンナ・シュヴァルツなど、脇役陣にも目を光らせたカラヤンならではのキャスティングにも抜群のセンスの良さを感じることも可能だ。録音は、カラヤンにとっての初のデジタル録音であり、従来盤でもきわめて優秀なものであると言えるが、同曲演奏史上最高峰の超名演であるだけに、今後はSHM−CD化、そして可能であればシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD化を図るなど、更なる高音質化を大いに望んでおきたいと考える。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

9
★
★
★
★
★
これはオペラではなく、舞台神聖祝典劇。上...

投稿日:2011/05/15 (日)

これはオペラではなく、舞台神聖祝典劇。上演すること自体が宗教儀式なのです。カラヤンの、ひたすらに美しい音楽に浸りましょう。青みがかった音質も魅力的。

silver さん | 東京都 | 不明

6

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト