CD 輸入盤

『ニーベルングの指環』全曲 ベーム&バイロイト祝祭管弦楽団、ニルソン、ヴィントガッセン、アダム、他(14CD)

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
446057
組み枚数
:
14
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

商品説明

ワーグナー『ニーベルングの指環』全曲
ベーム&バイロイト


1966&67年ステレオ録音。緊張感あふれるベームの指揮のもと、ヴィントガッセン、ニルソンなど60年代バイロイトならではの大物歌手たちが文字どおり火花を散らす様子がたいへん魅力的な全曲セット。
 ライヴ・レコーディングだけに、ヴォータンやミーメなど4作を通じて活躍する配役が同じ歌手によって歌われており、自然なドラマの流れが高い集中力で持続されている点も、当セットの大きな利点。
 豪華なキャストの中でも、当時絶頂期にあったソプラノ、ビルギット・ニルソンの歌唱には驚かされます。オーケストラの大音響を貫いて響く声の威力は実に見事なもので、ベームの劇的な指揮にうまくのったときの歌唱は凄絶というほかありません。
 さらに、ヴィントガッセン、キング、ナイトリンガー、ベーメ、グラインドルなど、大物ワーグナー歌手の名がズラリと並ぶさまは壮観そのもの。当初予定されていたジョージ・ロンドンに代わってヴォータン役に挑み、見事にその大任をはたして世界的な名声を得たテオ・アダム、ミーメ役でゲルハルト・シュトルツェと人気を二分し、巧緻なシュトルツェに対して“狂気のミーメ”を異名を取った体当たり的歌唱で知られたエルヴィン・ヴォールファールトのふたりには特に注目です。

【収録情報】
ワーグナー:『ニーベルングの指環』全曲
『ラインの黄金』
 ヴォータン…テオ・アダム(Br)
 ドンナー…ゲルト・ニーンシュテット(B)
 フロー…ヘルミン・エッサー(T)
 ローゲ…ヴォルフガング・ヴィントガッセン(T)
 アルベリヒ…グスタフ・ナイトリンガー(Br)
 ミーメ…エルヴィン・ヴォールファールト(T)
 ファゾルト…マルティ・タルヴェラ(B)
 ファフナー…クルト・ベーメ(B)
 フリッカ…アンネリース・ブルマイスター(M)
 フライア…アニア・シリア(S)
 エルダ…ヴィエーラ・ソウクポヴァー(A)
 ヴォークリンデ…ドロテア・ジーベルト(S)
 ヴェルグンデ…ヘルガ・デルネシュ(S)
 フロースヒルデ…ルート・ヘッセ(メッゾ・S)

 録音時期:1966年7月26日
 録音場所:バイロイト祝祭劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

『ワルキューレ』
 ジークムント…ジェームズ・キング(T)
 ジークリンデ…レオニー・リザネク(S)
 フンディング…ゲルト・ニーンシュテット(B)
 ブリュンヒルデ…ビルギット・ニルソン(S)
 ヴォータン…テオ・アダム(Br)
 フリッカ…アンネリース・ブルマイスター(M)
 ゲルヒルデ…ダニカ・マステロヴィッツ(S)
 オルトリンデ…ヘルガ・デルネシュ(S)
 ヴァルトラウテ…ゲルトラウト・ホップ(A)
 シュヴェルトライテ…ジークリンデ・ワーグナー(A)
 ヘルムヴィーゲ…リアーネ・ジーネック(S)
 ジークルーネ…アンネリース・ブルマイスター(M)
 グリムゲルデ…エリーザベト・シェルテル(M)
 ロスヴァイセ…ソナ・ツェルヴェナ(A)

 録音時期:1967年7月23日、8月10日
 録音場所:バイロイト祝祭劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

『ジークフリート』
 ジークフリート…ヴォルフガング・ヴィントガッセン(T)
 ミーメ…エルヴィン・ヴォールファールト(T)
 さすらい人…テオ・アダム(Br)
 アルベリヒ…グスタフ・ナイトリンガー(Br)
 ブリュンヒルデ…ビルギット・ニルソン(S)
 ファフナー…クルト・ベーメ(B)
 エルダ…ヴィエーラ・ソウクポヴァー(A)
 森の小鳥の声…エリカ・ケート(S)


 録音時期:1966年7月29日
 録音場所:バイロイト祝祭劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

『神々の黄昏』
 ジークフリート…ヴォルフガング・ヴィントガッセン(T)
 グンター…トーマス・スチュアート(B)
 アルベリヒ…グスタフ・ナイトリンガー(Br)
 ハーゲン…ヨーゼフ・グラインドル(B)
 ブリュンヒルデ…ビルギット・ニルソン(S)
 グートルーネ…リュドミラ・ドヴォルジャコヴァー(S)
 ヴァルトラウテ…マルタ・メードル(メゾ・S)
 ヴォークリンデ…ドロテア・ジーベルト(S)
 ヴェルグンデ…ヘルガ・デルネシュ(S)
 フロースヒルデ…ジークリンデ・ワーグナー(M)
 第1のノルン…マルガ・ヘフゲン(A)
 第2のノルン…アンネリース・ブルマイスター(A)
 第3のノルン…アニア・シリア(S)

 録音時期:1967年7月27日、8月14日
 録音場所:バイロイト祝祭劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

 バイロイト祝祭合唱団
 ヴィルヘルム・ピッツ(合唱指揮)
 バイロイト祝祭管弦楽団
 カール・ベーム(指揮)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Adam, Theo - Das Rheingold
  • 02. Adam, Theo - Vorspiel
  • 03. Nienstedt, Gerd - Weia! Waga! Woge, Du Welle!
  • 04. Adam, Theo - Garstig Glatter Glitschriger Glimmer!
  • 05. Adam, Theo - Wallala! Lalaleia! Leialalei!
  • 06. Adam, Theo - Lugt, Schwestern! Die Weckerin Lacht
  • 07. Adam, Theo - Der Welt Erbe Gewaenn' Ich Zu Eigen D
  • 08. Esser, Hermin - Orchesterzwischenspiel
  • 09. Adam, Theo - Wotan! Gemahl! Erwache!
  • 10. Adam, Theo - Nur Wonne Schafft Dir, Was Mich Ersch
  • 11. Adam, Theo - Sanft Schloss Schlaf Dein Aug
  • 12. Adam, Theo - Zu Mir, Freia!
  • 13. Esser, Hermin - Endlich Loge!
  • 14. Adam, Theo - Immer Ist Undank Loges Lohn
  • 15. Adam, Theo - Taugte Wohl Des Goldnen Tandes
  • 16. Adam, Theo - Hor' Wotan, Der Harrenden Wort!
  • 17. Adam, Theo - Jetzt Fand Ich's: Hort, Was Euch Fehl
  • 18. Hesse, Ruth - Orchesterzwischenspiel: Abstieg Nach
  • 19. Adam, Theo - Hehe! Hehe! Hieher! Hieher!

ディスク   2

  • 01. Adam, Theo - Wer Haelfe Mir?
  • 02. Adam, Theo - Mit Eurem Gefrage
  • 03. Adam, Theo - Was Wollt Ihr Hier?
  • 04. Dernesch, Helga - Habt Acht!
  • 05. Adam, Theo - Riesen-wurm Winde Sich Ringelnd
  • 06. Adam, Theo - Orchesterzwischenspiel: Aufstieg Aus
  • 07. Adam, Theo - Da, Vetter, Sitze Du Fest!
  • 08. Adam, Theo - Wohlan, Die Nibelungen Rief Ich Mir N
  • 09. Esser, Hermin - Zu Deiner Losung Musst Du Ihn Lass
  • 10. Adam, Theo - Bin Ich Nun Frei? - Alberichs Fluch
  • 11. Adam, Theo - Lauschtest Du Seinem Liebesgruss
  • 12. Adam, Theo - Halt! Nicht Sie Beruehrt!
  • 13. Adam, Theo - Nicht So Leicht Und Locker Gefuegt!
  • 14. Neidlinger, Gustav - Freia, Die Schone, Schau' Ich
  • 15. Adam, Theo - Weiche, Wotan, Weiche!
  • 16. Adam, Theo - Hort, Ihr Riesen! Zurueck Und Harret
  • 17. Adam, Theo - Furchtbar Nun Erfind' Ich Des Fluches
  • 18. Adam, Theo - Schwueles Geduenst Schwebt In Der Luf
  • 19. Nienstedt, Gerd - Zur Burg Fuehrt Die Bruecke
  • 20. Adam, Theo - Rheingold! Rheingold!

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
18
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
久しぶりにベームの『指輪』を聞いた。デッ...

投稿日:2016/10/19 (水)

久しぶりにベームの『指輪』を聞いた。デッカ盤レリースは、はじめて聞いたと思う。音は記憶にあるのとそんなには変わらないが、少し輪郭がクリアになったような気がする。いずれにせよ、半世紀前とはいえ十分な音である。ベームはカラヤンと対照的に、モーツアルト以降のドイツ音楽の正道を行く指揮者、と言われているが、実は二人ともノイエ・ザッハリッヒカイトの洗礼を浴びたモダンな指揮者だと思う。一世代前のフルトヴェングラーやクナッパーツブッシュと違い、音の輪郭があくまで明確で、内に凝集していき、余白に語らせるようなやり方ではない。前二者の神秘的な法悦とは無縁である。むしろ、味わいは違うが、トスカニーニにすら近い。余白に語らせるようなところは毫もなく、すべてが直接的に響いてくる(大味と言う評がネットにあって、ハァ?とか思ったが)。カラヤンのワグナーもまた室内楽的という形容をされるが、あれは色彩も含めた精妙な音の細工がそういう感じを与えるが、ベームのは、無限に広がっていくような場の作り方ではなく、設定された枠の中でのテンションの高さがそういう形容を呼ぶのではないか?本当の意味での劇場人なのだ。『指輪』は『ワルキューレ』二幕のブリュンヒルデを聞き手とした父神ヴォータンのモノローグとか『ジークフリ―ト』のミーメとヴォータン、あるいはアルベリッヒとヴォータン、『神々』のブリュンヒルデとワルトラウテ姉妹あるいはアルベリッヒとハーゲン父子のやり取りとか、複雑な筋を披瀝する語りっぽい場面が結構ある。そういうところは、誤解を恐れず言えば、室内歌劇的というか近代的な対話劇だ。ベームの明快な指揮ではそういうところが緊迫感に溢れ、少しもダレない。それでいて各楽劇の幕切れなど、腹に応えるような迫力にも少しも欠けていない。『ワルキューレ』はとりわけテンションが沸点にまで達している。見事なものだ。歌手たちはあの時代の最高峰を揃えているが、とりわけアダムをヴォータンに据えたのが大きいと思う。ホッターの茫洋とした声よりもくっきりとしたアダムの声の方がベームの音づくりには合っている。この当時のニルソンは個人的にはどうしても好きになれない(『ジークフリ―ト』はショルティ盤の方が声の柔軟性がまだ残されている)が、『ワルキューレ』三幕のヴォータンへの訴えかけなどそれなりに感動を誘うし、『神々』も一幕の幕切れは声も絶好調だ。でも彼女の無駄に輝かしい(?)「鉄の女」ぶりは、二幕ではどうもあまり同情=共感を惹かないし、「自己犠牲」も夫を取り戻して勝ち誇った雄(雌?)叫びに聞こえてしまう(ファンの方ご容赦)。ヴィントガッセンのジークフリートも、ショルティ盤の頃より多少声が老けた感じはあるが、『神々』での麻薬を飲まされたジークフリートの翳りには相応しいとはいえなくもない。キングとリザネックのウェウルズンク兄妹も、ナイドリンガーとヴオールファルトのニーベンルンク族兄弟も最高クラス。リザネックは決して美声ではないし、カラヤン盤のヤノヴィッツやショルティ盤のクレスパンの透明な美声に比べると野太いくらいだが、野生の狼族(ウェルズンク)としてはむしろ相応しい。ナイドリンガーはショルティ盤でも有名だが、ヴォールファルトのミーメも、誇張に走らずとてもいい。地味だがフリッカのブルムマイスターも同様。『神々』ではワルトラウテにソプラノ・ロールを降りてからのメードル(元々メゾ)が出ていて、仲良しのニルソンと共演。二人のコントラストも十分でとても好ましい。長文ごめんなさい。

mari夫 さん | 東京都 | 不明

4
★
★
★
★
★
最高の演奏だ・・・もうこれ以上何も言うま...

投稿日:2016/07/31 (日)

最高の演奏だ・・・もうこれ以上何も言うまい。カール・ベームは、誇り高いゲルマンの騎士である。

silver さん | 岐阜県 | 不明

5
★
★
★
★
☆
ワルキューレが一番すぐれており、ライブで...

投稿日:2014/10/28 (火)

ワルキューレが一番すぐれており、ライブでノッた時のベームが味わえる。ワルキューレの二人の恋人が破滅にむかって一直線に向かう感じが実によい。ただそのほかの楽劇ではワルキューレの水準には達していないと思う。同時代だとショルティやカラヤンと比べて軽いので重厚でうねるワーグナーが好きな人にはあまり魅力的ではない。ベームは元々大ざっぱな所があるので細部の完成度も完璧主義者の2人にはどうしても劣ってしまう。

ym さん | 東京都 | 不明

2

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド