CD 輸入盤

『ニーベルングの指環』全曲 ハイティンク&バイエルン放送交響楽団、モリス、マルトン、イェルザレム(14CD)

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5194792
組み枚数
:
14
レーベル
:
Emi
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ワーグナー:『ニーベルングの指環』全曲(14CD)
ハイティンク&バイエルン放送交響楽団、モリス、マルトン、イェルザレム


豪華な歌手陣とバイエルン放送響によるサウンド的に申し分のない『リング』として有名なハイティンクの名盤が、ようやくまとまった形で復活です。
 ワーグナーにふさわしい重厚な音響と、各パートが明確に響き合うハイティンクのバランス・コントロールの確かさは第1級で、歌手たちも無理なくそれぞれのベストフォームを聴かせているのが印象的です。風格あるジェイムズ・モリスのヴォータン、大迫力のエヴァ・マルトンのブリュンヒルデなど、なかなか高水準な仕上がりとなっており、作品を細部まで味わい尽くすには最適な丁寧な仕上げも魅力十分です。
 60ページ・ブックレット、各CD紙ケース入り、クラッシュメルボックス仕様となっております。

【収録情報】
・ワーグナー:『ニーベルングの指環』全曲

楽劇『ラインの黄金』
 ジェイムズ・モリス(Bs:ヴォータン)
 マルヤーナ・リポヴシェク(Ms:フリッカ)
 ハインツ・ツェドニク(T:ローゲ)
 テオ・アダム(Br:アルベリヒ)
 ペーター・ハーゲ(T:ミーメ)
 アンドレアス・シュミット(Br:ドンナー)
 ペーター・ザイフェルト(T:フロー)
 エヴァ・ヨハンソン(S:フライア)
 ハンス・チャンマー(Bs:ファゾルト)
 クルト・リドル(Bs:ファフナー)
 ヤドヴィカ・ラッペ(A:エルダ)
 ジュリー・カウフマン(S:ヴォークリンデ)
 シルヴィア・ヘルマン(S:ヴェルグンデ)
 スーザン・クィットマイヤー(Ms:フロースヒルデ)
 録音時期:1988年11月
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:デジタル(セッション)

楽劇『ワルキューレ』
 ライナー・ゴルトベルク(T:ジークムント)
 エヴァ・マルトン(S:ブリュンヒルデ)
 シェリル・ステューダー(S:ジークリンデ)
 ジェイムズ・モリス(Bs:ヴォータン)
 ヴァルトラウト・マイヤー(Ms:フリッカ)
 マッティ・サルミネン(Bs:フンディング)
 アニタ・ソルト(S:ゲルヒルデ)
 ルース・ファルコン(S:ヘルムヴィーゲ)
 ウテ・ヴァルター(S:ヴァルトラウテ)
 ウルズラ・クンツ(A:シュヴェルトライテ)
 シルヴィア・ヘルマン(S:オルトリンデ)
 マルガレータ・ヒンターマイヤー(A:ジークルーネ)
 キャロライン・ワトキンソン(A:グリムゲルデ)
 マルガリータ・リローヴァ(A:ロスヴァイゼ)
 録音時期:1988年2,3月
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:デジタル(セッション)

楽劇『ジークフリート』
 ジークフリート・イェルザレム(T:ジークフリート)
 エヴァ・マルトン(S:ブリュンヒルデ)
 ジェイムズ・モリス(Bs:ヴォータン)
 ペーター・ハーゲ(T:ミーメ)
 テオ・アダム(Br:アルベリヒ)
 クルト・リドル(Bs:ファフナー)
 ヤトヴィカ・ラッペ(A:エルダ)
 キリ・テ・カナワ(S:森の小鳥)
 録音時期:1990年
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:デジタル(セッション)

楽劇『神々の黄昏』
 ジークフリート・イェルザレム(T:ジークフリート)
 エヴァ・マルトン(S:ブリュンヒルデ)
 ジョン・トムリンソン(Bs:ハーゲン)
 トーマス・ハンプソン(Br:グンター)
 テオ・アダム(Br:アルベリヒ)
 エーファ・マリア・ブントシュー(S:グートルーネ)
 マリヤーナ・リポヴシェク(Ms:ヴァルトラウテ)
 録音時期:1991年
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:デジタル(セッション)
 
 バイエルン放送交響楽団&合唱団
 ベルナルト・ハイティンク(指揮)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Dir Urweisen Ruf' Ich Ins Ohr
  • 02. Dort Seh' Ich Siegfried Nahn
  • 03. Wie Siehst Du Denn Aus?
  • 04. Zieh Hin!
  • 05. Selige Ode Auf Sonniger Hoh'!
  • 06. Das Ist Kein Mann!
  • 07. "Heil Dir, Sonne!"
  • 08. So Starb Nicht Meine Mutter?
  • 09. Dort Seh' Ich Grane
  • 10. ...Heilig Schied Sie Aus Wallhall!
  • 11. O Siegfried! Siegfried!
  • 12. Wie Des Blutes Strome
  • 13. Fahr Hin
  • 14. "Halt, Du Wilder!"
  • 15. Wie? Welchen Handel Hatt' Ich Geschlossen?
  • 16. Immer Ist Undank Loges Lohn!
  • 17. Was Ein Dieb Stahl
  • 18. "Hor, Wotan, Der Harrenden Wort!"
  • 19. Was Sinnt Nun Wotan So Wild?
  • 20. "Auf, Loge! Hinab Mit Mir!"
  • 21. Hehe! Hehe! (3. Bild)
  • 22. Nibelheim Hier

ディスク   2

  • 01. Wer Halfe Mir?
  • 02. Hierher! Dorthin!
  • 03. Was Wollt Ihr Hier?
  • 04. Habt Acht! Habt Acht!
  • 05. Riesenwurm Winde Sich Ringelnd!
  • 06. Luge Du Her!
  • 07. Interlude
  • 08. "Da, Vetter, Sitze Du Fest!"
  • 09. "Wohlan, Die Nibelungen Rief Ich Mir Nah"
  • 10. Gezahlt Hab' Ich
  • 11. Bin Ich Nun Frei?
  • 12. Lauschtest Du Seinem Liebesgrub?
  • 13. Bringst Du Gute Kunde?
  • 14. Auf Riesenheims Ragender Mark
  • 15. "Freia, Di Schone"
  • 16. "Weiche, Wotan!"
  • 17. "Hort, Ihr Riesen!"
  • 18. "Zu Mir, Freia!"
  • 19. "Halt, Du Gieriger!"
  • 20. "Was Gleicht, Wotan"
  • 21. Schwules Gedunst Schwebt In Der Luft
  • 22. Zur Burg Fuhrt Dir Brucke
  • 23. Abendlich Strahlt Der Sonne Auge
  • 24. Ihrem Ende Eilen Sie Zu
  • 25. Rheingold! Rheingold!

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
EMI時代に購入して、素晴らしい録音と音質...

投稿日:2019/09/02 (月)

EMI時代に購入して、素晴らしい録音と音質に感動して長らく愛聴盤として大切にしていたが、やむを得ない事情により手放した。それから、何年も経つが、どうしても聴きたくなって今回購入したのだが、ワーナー盤になったせいか分からないが、EMI時代と比較にならないほど音質が悪くなっていて凄いショックを受けた。あの感動は一体何処へ行ってしまったのだろう。録音年代の新しいスタジオ録音のステレオのはずなのに。中古でEMI盤を探して買い直そうかと思っている。本盤に限らず、ワーナー盤は良くないです。これはゆゆしきことだと思う。

不動明王 さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
リングでこれほどオーケストラが有機的で美...

投稿日:2015/10/24 (土)

リングでこれほどオーケストラが有機的で美しい演奏は他に無いのではないでしょうか。深々とした響きが終始鳴り渡り、特にチェロの音域は最高です。録音の良さだけでは無く、ハイティンクの指揮がものを言っていると思います。歌手陣もモリスを筆頭に素晴らしい。マルトンのド迫力はかつてのヴァルナイに肉薄しているのでは。ベーレンスのようなタイプが好きな方はダメかもしれませんけど。

プロトン さん | 群馬県 | 不明

8
★
★
★
★
★
この年代のベストキャストが揃っているのが...

投稿日:2010/12/04 (土)

この年代のベストキャストが揃っているのが魅力的。スタジオならではの安定感にオケのアンサンブルの素晴らしさ。それでこの値段は安い。 ハイティンクの指揮は確かに「いろんな意味で無難」ですけど、それにより歌手の良さが引き立っていますし、他の盤では得られないようなツボもたくさんおさえています。例えば、ワルキューレのラストでのしっとりとした切なさとジークフリート一幕ラストの躍動感の対比、ジークフリート三幕冒頭から炎越えまでの手に汗握る緊張感(結構激しい!)、神々の黄昏の二幕のハーゲンとコーラスのシーン(大変だー!という感じのテンション)など、まるでファンタジー映画を見ているかのように物語が最初から最後までバランスよく彩られています。もちろんワーグナーらしい重厚な響きを求めて聴くとかなり欲求不満になる個所も多いですが・・・。 しかし、この透明感が有りそれでいて上品になり過ぎない色彩豊かな響きに身を任せていれば、不思議と登場人物の情感が胸に迫ってきて、最後には充実した満足感を与えてくれます。これには歌手の健闘(特にモリス)や音質の良さも関係してますが。

オペラが婚約者な男 さん | 東京都 | 不明

10

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品