CD 輸入盤

『ニュルンベルクのマイスタージンガー』全曲 ショルティ&ウィーン・フィル

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4756680
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

・ワーグナー:楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』全曲
 ノーマン・ベイリー(Bs)
 ルネ・コロ(T)
 ベルント・ヴァイクル(Br)
 ハンネローレ・ボーデ(S)
 クルト・モル(Bs)
 アドルフ・ダッラポッツァ(T)
 ユリア・ハマリ(Ms)、他
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 合唱指揮:ノルベルト・バラッチュ
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 指揮:サー・ゲオルグ・ショルティ
1975年、ウィーン、ゾフィエンザールにおけるステレオ録音。絶好調のウィーン・フィルがショルティの強力な統率のもと、素晴らしいサウンドを聴かせるオペラの名録音がミドル・プライスで嬉しい復活です。
 ノルベルト・バラッチュの鍛錬により見事なコーラスを聴かせるウィーン国立歌劇場合唱団も文句なしの仕上がりで、オーケストラとの絡みは圧巻というほかありません。加えて、ザックスにノーマン・ベイリー、ワルターにルネ・コロ、ベックメッサーにベルント・ヴァイクル、ポーグナーにクルト・モル、エヴァにハンネローレ・ボーデ、マグダレーネにユリア・ハマリという粒揃いのキャスティングも嬉しいところで、この作品ならではの声部の重なりや交錯の面白さもきっちりと示されています。

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 02. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 03. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 04. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 05. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 06. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 07. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 08. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 09. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 10. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 11. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 12. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 13. Die Meistersinger von Nurnberg

ディスク   2

  • 01. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 02. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 03. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 04. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 05. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 06. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 07. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 08. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 09. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 10. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 11. Die Meistersinger von Nurnberg
  • 12. Die Meistersinger von Nurnberg

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ショルティはマイスタージンガーを2回録音...

投稿日:2020/02/04 (火)

ショルティはマイスタージンガーを2回録音しており、一回目がこのCDで、二回目がシカゴとの演奏会形式ライブです。 彼がワグナーの再録音を行ったのはこの曲のみです。 演奏・録音ともに私は、このウイーン盤を断然とります。 やや鋭角的なマイスタージンガーかもしれませんが、ショルティのやりたい音楽が非常によくわかる名演です。 2回目のライブは少し大人しくなりすぎました。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
ショルティのワーグナーは名高い指輪も含め...

投稿日:2012/06/10 (日)

ショルティのワーグナーは名高い指輪も含めて演奏自体は凡演・駄演ばかりだがこの「マイスタージンガー」旧盤と「パルジファル」は実にすばらしい。もっともショルティはこの録音に不満でシカゴのオケと再録音した。新盤を聞くと旧盤とは真逆の<ハンガリーのチンドン屋>ショルティ(笑)らしからぬハッタリのないすっきり精緻で室内楽的な演奏を目指しているのに驚かされる。要するにこの旧録音は彼が理想とする「マイスタージンガー」では無かったのだろう。そういう意味ではこの録音はあくまでショルティのワーグナーというよりデッカとウィーンフィルのワーグナーなのだろう。ただウィーンスタイルのワーグナーという意味ではかけがえの無い録音といえる。この録音での二幕の夕暮れの音楽はショルティとは思えない叙情性があってさすがは普段オペラハウスで弾いているウィーンフィルならではの味だ。ノーマン・ベイリーのザックスは格調のある堂々たる歌いぶりでカリスマ性を感じさせる。コロのヴァルターはカラヤン盤より快調だ。しかし歌手で特に見事なのはベルント・ヴァイクルのベックメッサー。後に稀代のザックス歌いになるヴァイクルがその敵役を歌っているのも面白いが声の美しさと表現力は圧倒的でザックスをたじたじにさせるベックメッサーは異色かもしれない。ただ彼のお陰で普通は長すぎてややもたれるザックスとベックメッサーの丁々発止のだまし合いと駆け引きの面白さはこのオペラの数多い録音の中でも最高だと思う。とはいえ全体的な仕上がりは指揮者の才能の差でカラヤン盤の方が上かと思うがカラヤン盤のあまりパっとしない音質のEMIに比べデッカのチームの録音の優秀さはこのCDの利点だろう。

蟹缶 さん | 東京都 | 不明

4
★
★
★
★
★
私はオペラに筋を求めない。ひたすらサウン...

投稿日:2012/02/05 (日)

私はオペラに筋を求めない。ひたすらサウンドとして引き付ける魅力があるかどうかだ。私はベイリーの声が好きなので、美麗なウィーン・フィルの音色と彼の声しか聴いていなかったせいもあるのだが、この演奏がマイスタージンガー盤としては最高である。後年のシカゴでのライヴ盤はだらけていて、聴くに堪えない。こちらの方がよい。

Salomon さん | 広島県 | 不明

1

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品