CD 輸入盤

『トリスタンとイゾルデ』全曲 バーンスタイン&バイエルン放送響、ホフマン、ベーレンス(1981 ステレオ)(4CD)

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4757020
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

1981年に演奏会形式で上演されたコンサートをライヴ録音したこの演奏のトータル・タイムは実に266分。冒頭の前奏曲からテンポの遅さと濃厚で重いうねりに驚かされますが、これこそマーラーやブルックナーで隔絶したアプローチを聴かせたバーンスタイン本来の持ち味というものでしょう。
 作品のあらゆる部分を大切にし、さらに演奏会形式のためオーケストラがステージ上に乗っているということもあって、ワーグナーの作品中随一といわれるきわめて雄弁なオーケストレーションが徹底的に生かされています。しかも会場は音響の良いヘルクレスザールです。
 結果として、『トリスタン』という作品が、巨大な情動のエネルギーをシンフォニックなスタイルの中に封じ込めた、ある種独特の魔力に満ちた音楽であることを容易に理解させてくれるのがこの演奏の凄いところです。
 なお、バーンスタインは1969年にニューヨーク・フィルと『トリスタンとイゾルデ』を演奏会形式で上演しているので(→抜粋盤)、このバイエルンでの試みが初めてというわけではありませんが、しかし、ここでの演奏は、その間のバーンスタインの変化を反映して、とてつもなく深く大きなものになっており、なおかつ歌手陣も優れているために、感銘の深さは比較になりません。第3幕への前奏曲など、驚くほかない凄いものとなっています。バーンスタインのマーラーがお好きな方には特におすすめの『トリスタンとイゾルデ』です。

・ワーグナー:楽劇『トリスタンとイゾルデ』全曲
 トリスタン:ペーター・ホフマン
 イゾルデ:ヒルデガルト・ベーレンス
 ブランゲーネ:イヴォンヌ・ミントン
 クルヴェナール:ベルント・ヴァイクル
 マルケ王:ハンス・ゾーティン
 メロート:ヘリベルト・シュタインバッハ
 牧童:ハインツ・ツェドニク
 水夫:トマス・モーザー
 舵手:ライムント・グルムバッハ
 バイエルン放送合唱団
 ハインツ・メンデ(合唱指揮)
 バイエルン放送交響楽団
 レナード・バーンスタイン(指揮)

 1981年2月,4月,11月、デジタル録音
 場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Prelude to Act 1. Langsam und schmachtend [14:02]
  • 02. Act 1 "Westwärts schweift der Blick" [7:09]
  • 03. "Frisch weht der Wind der Heimat zu" [4:34]
  • 04. "Hab acht, Tristan!" [6:08]
  • 05. "Weh, ach wehe! Dies zu dulden" [2:09]
  • 06. "Wie lachend sie mir Lieder singen" [20:08]
  • 07. "Auf! Auf! Ihr Frauen!" [7:56]

ディスク   2

  • 01. "Herr Tristan trete nah!" - "Begehrt, Herrin, was Ihr wünscht" [10:27]
  • 02. "War Morold dir so wert" [11:25]
  • 03. "Tristan! - Isolde! Treuloser Holder!" [8:18]
  • 04. Act 2 Prelude [2:06]
  • 05. "Hörst du Sie noch?" [15:00]
  • 06. "Isolde! Geliebte! - Tristan! Geliebter!" [18:26]

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
やはり「遅い」。モタレました。晩年のバー...

投稿日:2009/03/27 (金)

やはり「遅い」。モタレました。晩年のバーンスタインはこのような演奏が多く、どうも好きになれません。NYP時代の方が三振かホームランかという演奏でスリルがありました。

初心者マーク さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
 81年当時、FMで聞きました。初めて聴...

投稿日:2009/01/31 (土)

 81年当時、FMで聞きました。初めて聴いた「トリスタン」でしたが、情景が浮かんでくる演奏でした。聴き始めはテンポ遅いかなと思いますが、すぐに引き込まれ、最後まで聴かざるを得なくなります。羊羹のようにどこを切っても、音が凝縮していて気を抜くところがありません。  ウェストサイド・ストーリーを作曲した者として、この曲には特別な感情があったのでしょうね。

Fukushiman さん | 神戸 | 不明

2
★
★
★
★
☆
三晩にわたり、観客を前にして録音され、そ...

投稿日:2008/12/20 (土)

三晩にわたり、観客を前にして録音され、その模様がTV中継されました。今となれば、貴重なマエストロの映像です。そろそろ発売されても、と思うのですが。映像付きだとホフマンの力不足が気になりませんが、バイロイトで2年歌った音源も聴きたいものです。ベーレンスは立派ですね。マエストロのノリは、やはり熱気があり、素晴らしいものがあります。

和愚音裡庵主人 さん | 西宮市 | 不明

1

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品