CD 輸入盤

『トリスタンとイゾルデ』全曲 カラヤン&ベルリン・フィル、ヴィッカーズ、デルネシュ、他(1971〜72 ステレオ)(4CD)

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
0288582
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
CD-ROM付き,輸入盤

商品説明

EMI THE HOME OF OPERA
カラヤン/ワーグナー:トリスタンとイゾルデ(4CD)

マルチパック、16ページ・ブックレット

【収録情報】
・ワーグナー:『トリスタンとイゾルデ』全曲

 ジョン・ヴィッカーズ(トリスタン)
 ヘルガ・デルネシュ(イゾルデ)
 クリスタ・ルートヴィヒ(ブランゲーネ)
 ヴァルター・ベリー(クルヴェナール)
 カール・リッダーブッシュ(マルケ王)、他
 ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1971年12月、1972年1月
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:ステレオ(セッション)

【EMI THE HOME OF OPERA】
EMIとVIRGINクラシックスは過去60年にわたり450以上のオペラ録音を続けており、偉大なアーティストによる録音の継続の中で、現在もゲオルギュー、デセイ、ディドナート、アラーニャ、パッパーノなどによる新録音が加わっています。その豊富なオペラ・カタログのエッセンスを選りすぐったこのオペラ・シリーズはクラシック・カタログの最高峰ともいうべきシリーズを形作っています。

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
カラヤンのトリスタンには名盤と言われる他...

投稿日:2018/05/11 (金)

カラヤンのトリスタンには名盤と言われる他の多くの演奏が決して届かない水準がある。フルトヴェングラー、クナッパーツブッシュ、ベーム、ショルティ、クライバー等の優れた演奏の数々に対してカラヤン盤が一線を画する所以は、トリスタンが死へと赴く内的な必然を、ベルリンフィルの確固たる音に託して抉り出しているところにある。それは第三幕への前奏曲冒頭の深く繊細な響きを聴くだけで誰もが納得できるのではないだうか。第三幕の、トリスタンの孤絶したエロスにこそ「トリスタンとイゾルデ」の真髄は宿るのである。それ故に、ポネルのような演出も成立するのだろう。もちろんワーグナーの音楽の価値がそうした内面性にのみあると言うつもりはありませんが。。なおCDの音質的には日本版(東芝EMI,CE30-5231/34またはTOCE9458/61)が手に入るなら、そちらをお薦めします。

surwolf さん | 東京都 | 不明

0
★
☆
☆
☆
☆
確かにこの盤の音質はひどい。金物を叩くよ...

投稿日:2017/08/31 (木)

確かにこの盤の音質はひどい。金物を叩くような、いかにも安っぽいキンキンと耳を劈く騒音に過ぎない。最近のCDは本当に劣悪な廉価のリマスター盤が氾濫している。私は、EMIの国内初出盤(CD30-5231〜34)を愛聴しているが、それはそれは素晴らしいオリジナルの音質で、これで聴くとカラヤンの至芸にただただ圧倒される。皆さんも是非中古盤で探して頂きたい。カラヤンに対する評価が全く変わると思う。勿論、トリスタンのベストCDは上記のカラヤン盤だ。これを聴くと、クライバーなどはいかにも生ぬるいままごとの世界だ。カラヤンとは次元が違うのである。

カバポチ さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
オーケストラは澄んだ響きと大きなウネリを...

投稿日:2017/04/12 (水)

オーケストラは澄んだ響きと大きなウネリを持った演奏で音楽に没入できます。好き嫌いが分かれる演奏のようですが、見事な出来だと思います。

ルシータ さん | 東京都 | 不明

2

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品