グリムのむかしばなし 1

ワンダ・ガアグ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784905015321
ISBN 10 : 4905015324
フォーマット
出版社
発行年月
2017年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
175p;20

内容詳細

グリムの世界をこよなく愛した絵本作家が贈る珠玉の昔話7話を収録。小学校中学年以上。

【著者紹介】
ワンダ・ガアグ : 1893年アメリカ合衆国ミネソタ州に生まれる。絵を描くことを職にしていた父の跡を継いで10代から仕事をはじめ、版画家・絵本作家として活躍。1946年、逝去

松岡享子 : 1935年神戸市生まれ。神戸女学院大学英文科、慶応義塾大学図書館学科を卒業後、渡米。ウエスタン・ミシガン大学大学院で児童図書館学を学んだ後、ボルチモア市公共図書館に勤務。帰国後、大阪市立中央図書館勤務を経て、自宅にて家庭文庫を開き、児童文学の翻訳、創作、研究を続ける。1974年、石井桃子氏らと、東京子ども図書館を設立し、現在同館名誉理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mntmt さん

    こんなシンデレラ読んだことがない!

  • つき さん

    ワンダ・ガアグによって、しっかりと研究されたグリムの昔話集。有名なヘンゼルとグレーテルから、あまり知られていない六人の家来のほか5編収録。ガアグの挿絵がステキ。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    ワンダ・ガアグによる再話。残酷さが薄く子どもたちに紹介しやすい。『 ヘンゼルとグレーテル / ねことねずみがいっしょにくらせば / かえるの王子 / なまくらハインツ / やせのリーゼル / シンデレラ / 六人の家来 』

  • みつばちい さん

    ワンダ・ガアグと松岡享子さん、お二方ともとても尊敬する女性です。ガアグの挿絵が素敵。我が子たちと毎晩読みました。「ヘンデルとグレーテル」」「ねことねずみがいっしょにくらせば」「カエルのおうじ」「なまくらハインツ」「やせのリーゼル」「シンデレラ」「六人の家来」の7篇。ねこのねずみのひどい結末に長男絶句。カエルのおうじはタイトルがネタバレ、、笑 シンデレラは魔法使いではなくハトの妖精がドレスを落としてくれるなど子どもたちの知ってる話と違うところがよかった。

  • みーさん さん

    「100まんびきのねこ」「すんだことはすんだこと」などのワンダ・ガアグが1936年に発表したグリムの昔話18編を二つに分けて2017年に松岡恭子さんが新しく出した。ワンダ・ガアグの挿絵がいい。私はハインリヒのくだりがカットされてていいなあと思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品