ローレンス・j・ピーター

人物・団体ページへ

ピーターの法則 「階層社会学」が暴く会社に無能があふれる理由

ローレンス・j・ピーター

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478103555
ISBN 10 : 4478103550
フォーマット
出版社
発行年月
2018年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
247p;19

内容詳細

なぜあの人は、昇進した途端ダメになった?ピーター博士の鋭い観察眼と深い洞察で組織にまつわる普遍の真実が明らかに!巻末特典、ピーターの索引。

目次 : 世界には無能がはびこっている―ピーターの法則/ ピーターの法則に支配される社会―“検証”ピーターの法則/ ついに例外は発見されなかった―擬似昇進の研究/ 能力によらない昇進―引きと昇進/ がむしゃらな昇進の追求―押しと昇進/ 服従する者と指導する者―昇進のパラドックス/ 政治家と役人はなぜ無能なのか?―階層社会学と政治/ 無能を発見した人々―先駆的研究の紹介/ なぜ人は無能へと突き進むのか?―階層社会の心理学/ 無能が無能を生む―ピーターの悪循環

【著者紹介】
ローレンス・J.ピーター : 1919年、カナダ生まれ。教育学博士。南カリフォルニア大学教授。同大学で規範教育研究所ディレクター、情緒障害児支援プログラムコーディネーターを歴任。教師、スクールカウンセラー、刑務官指導員、コンサルタント、大学教授などの幅広い経験から「階層社会学」を提起。著書多数。1990年没

レイモンド・ハル : カナダ生まれ。小説家、ノンフィクション作家。1985年没

渡辺伸也 : 1960年、山形県生まれ。高校英語教師。78年に山形東高等学校を、82年に筑波大学を卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 混沌 さん

    【名選手必ずしも名監督ならず】プロスポーツの場合は結果が出なければ監督はすぐクビだが、会社組織はそうもいかない。特に儒教教育の影響をどっぷり受け、年功序列を排しがたい日本にあっては。そう思って読み始めたが、カナダ人であり、南カリフォルニア大学の教授であった著者によると、むこうでも年功序列のようだ。最初そこに一番驚いた。元の出版が1969年であり、今のアメリカ(またはカナダ)がどうなのかはよく知らないが。この辺は事情を知っている人に伺ってみたい。全編、ユーモラスに皮肉たっぷりに書かれており(翻訳さ

  • numno1 さん

    「階層社会では、すべての人は昇進を重ね、おのおのの無能レベルに到達する。やがて、あらゆるポストは職責を果たせない無能な人間によって占められる。仕事はまだ無能レベルに達していない人間によって行なわれている」というピーターの法則とその解決策をユーモアと皮肉たっぷりに解説する本です。面白い。

  • パンダゴテ さん

    前半は読みながらもふざけてるのか本気なのかわからない内容だったが途中から自分のことを指摘されてるような気分になり気を引き締めないとと考えさせられた。 昇進するとどこかで無能になるという内容だがそこで頑張って勉強しても解決にはならないのかと疑問に思うこともあった。 ネガティヴな感じを受ける内容だがこれが現実だと思ったり自分はどうしていくのが良いのか考えるきっかけになる本。

  • take さん

    「有能な人は昇進を続け、結果を出せない役職まで進むと、無能となってその役職に留まる。結果、組織には無能な人が溢れる」という話。学問というよりはエッセイといった感じ。面白く読めた。

  • たーくん さん

    管理職への昇任を目前にしているときに、これを読んだのは運命だろうか。これまで有能だった先輩が、無能の烙印を押されるのを、何人も見てきた。降格をしている人も、何人も知っている。それがなぜなのか、自分なりの答えは持っている。そして、それを自分が克服するためのことをしてきたつもりだ。だからこそ、管理職へ登用されることを承諾した。 この本を読んで、自分の考えや行動が間違っていないことが分かった。有能レベルにとどまって、有益な仕事をすることを決意している。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品