Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法

ロルフ・ドベリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784763137241
ISBN 10 : 4763137247
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
478p;19

内容詳細

この複雑な世界を生き抜くための、鮮明なる指針。心理学、行動経済学、哲学、投資家や起業家の思想をひもとき、スイスのベストセラー作家が渾身の力でまとめ上げた、未来が変わる「52の考え方」。

目次 : 考えるより、行動しよう―「思考の飽和点」に達する前に始める/ なんでも柔軟に修正しよう―完璧な条件設定が存在しないわけ/ 大事な決断をするときは、十分な選択肢を検討しよう―最初に「全体図」を把握する/ 支払いを先にしよう―わざと「心の錯覚」を起こす/ 簡単に頼みごとに応じるのはやめよう―小さな親切に潜む大きな罠/ 戦略的に「頑固」になろう―「宣誓」することの強さを知る/ 好ましくない現実こそ受け入れよう―失敗から学習する/ 必要なテクノロジー以外は持たない―それは時間の短縮か?浪費か?/ 幸せを台無しにするような要因を取り除こう―問題を避けて手に入れる豊かさ/ 謙虚さを心がけよう―あなたの成功は自ら手に入れたものではない〔ほか〕

【著者紹介】
ロルフ・ドベリ : 作家、実業家。1966年、スイス生まれ。スイスのザンクトガレン大学卒業。スイス航空会社の子会社数社にて最高財務責任者、最高経営責任者を歴任後、ビジネス書籍の要約を提供する世界最大規模のオンライン・ライブラリー「getAbstract」を設立。35歳から執筆活動をはじめ、ドイツ、スイスなどのさまざまな新聞、雑誌にてコラムを連載。小説家、パイロットでもある。現在はスイス、ベルン在住

安原実津 : ドイツ語、英語翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • シナモン さん

    図書館本。より良い人生を歩むための52のヒント集。もっとも集中すべきは自分の人生。自分はさして重要でも不可欠でもない。本当に重要な役割を担ってるのは、自分自身の人生に対してだけ。自分ひとりの人生をコントロールするだけでも重労働なのだ。内なる成功とは「平穏な心」を手に入れること。分厚いのでパラ読み気味になったが、この部分が特に心に残った。

  • thayami さん

    示唆に富んだ52の思考法。1つ1つが分かりやすく、ふとした時の振り返りに最適。敢えて再考した3つ選ぶとすると、内なる成功/戦略的頑固さ/そそられるオファー。相互関係を垣間見ることができ、誤解を恐れず言えば”自己”。対照的に距離感を感じた3つは、楽しさとやりがい/読書の仕方/形だけを模倣。あくまでこれらは目指すのではなく、結果論で振り返りたい。加えて、現状打破のキッカケになるかなと感じる。あくまで”道具箱”を膨らませる、思考域を広げる方法と考えた方が気楽なのかもしれません。

  • 鱒子 さん

    柔軟な思考に基づき未来を変えるための52の考え方。「よい人生」をおくるために著者がまとめた「思考の道具箱」がこの本。「フォーカシング イリュージョン」は非常に納得←(特定要素だけに目を奪われその影響を大きく見積もりすぎる。例えば、マイアミに住めば人生ハッピー!みたいな) 。 何かに行き詰まった気持ちになったら、本書を読み返そうと思います。

  • ぴえろ さん

    よりよい人生を送るための52の思考法が纏まった「思考の道具箱」。心理学研究、古代ギリシアが起源の哲学ストア主義、著書にも多く登場するウォーレン・バレット、チャーリー・マンガーといった投資家の思考の3つで成り立っているこの思考法。52もあるので理解できないのも多々あるが合う考え方だけ実践してくのもありだと思う。大事な決断をする時は十分な選択肢を検討する「秘書問題」の命題に基づく思考が興味深かった。

  • おつまみ さん

    本を二度読み、なるべき多くの本に触れる。たくさんの内容の中で、日常に関係する読書に関係する部分が印象に残る。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品