ロバート・b.パーカー

人物・団体ページへ

ゴッドウルフの行方 ハヤカワ・ミステリ文庫

ロバート・b.パーカー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150756529
ISBN 10 : 415075652X
フォーマット
出版社
発行年月
1986年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,260p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
Spenser Novels #1/39(1973)。Robert B. ...

投稿日:2013/01/24 (木)

Spenser Novels #1/39(1973)。Robert B. Parker のデビュー作でありかつ Spenser Novels の第一作目となる本作。調査依頼を受けた後に紆余曲折があるものの粘り強い独自の行動を貫き、か弱きなにかを護るために、必ずしもクライアント(のみならずその他大勢も)が喜ぶわけではない真実を白日の下にさらす、という展開は今後も踏襲されていく。海外ドラマでいうところのパイロット版にあたる本作は、Spenser を演じる役者は同じだが演技の細部に違いがある、といった違和感があり落ち着かない部分もある。しかし、作品全体に流れる緊張感は心地よく #7/39 ”Early Autumn” まで読み終えた段階では、最も手にする回数が多い。幸い未読の作品は数多く残っており、まだまだ楽しめそうだ。やってみたい誘惑に駆られるけれど実際にはとてもできない Brenda Loring との腕時計のやりとりを、擬似的に体験できるところが一人称視点の良いところ。

build2destroy さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房 さん

    「なんで警察官をくびになったんだ?」「命令不服従。おれの一番の取り柄だ」。シニカルなジョークを愛するタフなボストンの私立探偵・スペンサー登場。シリーズ第一作は、大学の図書館から盗まれた中世の稀覯書を探す依頼を受ける場面で始まる。捜査を進めるうち、学内の過激派組織に所属する女子学生と出会い、事件は血なまぐさい様相を呈していく。規律の内側で最善を尽くそうとするクワーク警部補と、規律に縛られないスペンサー。かつて同じ側に立ち、今は立場が分かれながらも認め合う二人。スーザンと出会う前の彼はまだ抑制が効かない。

  • chiru さん

    スペンサーシリーズ第一作。盗まれた写本の捜査の依頼を受けたスペンサーは、閉鎖的な大学の闇を嗅ぎあてる。『ゴッドウルフ』とは事件のきっかけとなる写本だけど、物語のウェイトを占めるのは学生をマーケットにした麻薬売買。女性に対しては柔軟性ありすぎなスペンサー。悪者と女性へのアプローチは、アクティブでタフ。そんな彼は、マフィアや警察に圧力をかけられ、敵に襲われボロボロになっても当然諦めない。本物のプライドはきっと、何があっても傷ついたりしない。スペンサーは、探偵というよりヒーローでした! ★4  

  • セウテス さん

    スペンサーシリーズ第1弾、デビュー作品。〔再読〕本作で既にスペンサーのスタイルは完成していると云われているが、「初秋」「晩秋」の彼とは違うイメージを受ける。今回は大学の図書室から盗まれた、ゴッドウルフという古写本を探す依頼が来る。だが捜査を始めて直ぐに、知り合った女学生の同棲相手が殺害されてしまう。毎回の様にとる軽口や皮肉は観ようによっては、軽薄な礼儀知らずな男にも感じる人はいるだろう。ネオハードボイルドとも言われ、喧嘩に強く女性にもてる様な男を軽快に描いているが、私は悲哀をハードボイルドに求めてしまう。

  • S さん

    スペンサーシリーズ第一作目。主人公スペンサーは、大学で厳重に保管されていた中世の稀覯書が何者かに盗まれた事件の調査依頼を請け負う。ハードボイルドらしい、直裁的でありながらも皮肉っぽい言い回しが面白い。世界観としてはやはりレイモンド・チャンドラーのマーロウシリーズを連想させるが、チャンドラーの筆致から感じられる感傷的な雰囲気はあまりなく、こちらは飽くまでも快活な印象。ストーリーはシンプルで、それよりもスペンサーの人物造形の方が目立つように感じられたが、これは作者のスペンサーに対する愛情故だろうか。

  • Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房 さん

    読書メーター登録前に読了。2016年4月26日に再々々……読。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品