不思議の国のアリス

ロバート・サブダ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784499280860
ISBN 10 : 4499280869
フォーマット
出版社
発行年月
2004年11月
日本
追加情報
:
27cm,1冊

内容詳細

白うさぎを追ってうさぎ穴に飛びこんだアリスは、不思議の国に迷い込んでしまった。その世界では、体が小さくなったり大きくなったり、不思議なことばかりが起きて…。楽しいしかけ絵本。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • greenish 🌿 さん

    ルイス・キャロルの原作とジョン・テニエルの挿画の世界を、「紙の魔術師」ロバート・サブダが驚きと高揚のポップアップに変身させたしかけ絵本 ---軽井沢・絵の本森美術館にて読了。最初に飛び出す大きな木、そして最後の舞い上がるトランプ!大人の私でも、おぉ!と感嘆しちゃうくらいに迫力満点。大きな仕掛けも圧巻だけど、ストーリーに合わせた小さな仕掛けもクスリとしちゃう。落ちるアリスとかね。 小さな子どもが、繊細なしかけ絵本を両親・祖父母と一緒に愉しむ。そんな時間を大切にして欲しいというサブタの優しさが込められてます。

  • いいほんさがそ@徐々に再起動中(笑) さん

    読了777冊目!**仕掛け絵本**もはや説明不要の名作。ルイス・キャロル著『不思議の国のアリス』!それが、仕掛け絵本作家ロバート・サブダの絶技で、あたかも本の世界から"不思議の国"が飛び出たかの様な…そんな、錯覚すら覚える!(紹介文・他より)――読メ開始から本書で777冊目!その記念本は仕掛け絵本による『不思議の国のアリス』でした!その仕掛けの圧倒的存在感に、最初は声すら出ませんでした…!どこから眺めても楽しめる、もはや芸術品レベルの逸品。超絶美技の冴えわたる良書です!

  • しゅわ さん

    噂にはきいていましたが、ちょっと値が張るためずっと「欲しい本リスト」の上部に居座っていた一冊。ついに我慢できず買ってしまいました。う〜んすごい!!!前後左右どこからみても素晴らしく、大人でも十分楽しめる絵本です。しばし時間を忘れてながめてしまいますね。しかけを閉じる時にドキドキしちゃう…特にうさぎの耳がっ!…のが難点かな?という程度で、もう文句のつけようがありません。我が家のお宝本に確定です。

  • パフちゃん@かのん変更 さん

    素晴らしい飛び出し絵本です。どんな仕掛けになっているのか・・・・ とにかく素敵です。

  • yumiha さん

    「読んだ本」というよりも「見た本」と言うべきか…。しかけ絵本だから、開いて「わあっ!」とか「すごいねえ」ちゅう感じ。3800円もする高〜い絵本なのでママに聞いてみると、誕生時にプレゼントされたけど破られそうだから今までしまっておいた、とのこと。いえいえ。三歳児どころか以前勤務していた中学校図書室の本書は、半年ほどで破られて補修テープが必要な状態になりましたぜ。ママさん、あきらめなはれ。お話そのものは、三歳児にはちと(かなり)難しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品