レスリー・アン・ジョーンズ

人物・団体ページへ

フレディ・マーキュリー 孤独な道化

レスリー・アン・ジョーンズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784636881905
ISBN 10 : 4636881907
フォーマット
発行年月
2012年12月
日本
追加情報
:
21

内容詳細

【緊急復刊】フレディ・マーキュリーの決定的伝記!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』脚本家ピーター・モーガンの脚本コンサルタントとして活躍する伝記作家が描く、フレディ・マーキュリーの「真実」。

フレディ・マーキュリーはロック史上に残る最大のボーカリストであったと同時に、もっとも謎の多いスターでもあった。
その天才的な音楽の才能と稀有な創造性で何百万人もの人々を惹きつけたが、プライベートな世界に立ち入ってその素顔に迫ることを許されたのはごくひとにぎりの人間にすぎなかった。
ツアーに同行して世界中をまわった元ロック・ジャーナリストのレスリー・アン・ジョーンズによるこの決定的な伝記は、フレディ・マーキュリーにまつわる伝説や噂、ゴシップの裏に隠された、シャイで魅力的なひとりの人間の姿を描き出す。
ザンジバルでの幼年時代からインドでの学校時代、一家でのロンドンへの亡命、クイーンの未曾有の成功、そしてエイズによる悲劇的な最期まで、余すところなく徹底的にフレディの真実の姿を追求している。

厳格なパールシー教徒の両親に育てられたフレディは、大人になっても自分の性にとまどい、罪の意識にさいなまれ、 女性とも男性とも深い関係を持つようになった。そんなフレディは曲作りになぐさめを見出し、彼の苦悩や歓びが込められた古典的なヒット曲の数々は様々なジャンルにまたがり、今日でも聴く者の胸を揺さぶる。

また、1980年代にクイーンが空中分解し始めていた頃、バンドをふたたび団結させ、重大な分岐点となったライヴ・エイドでの伝説的なパフォーマンスも本書で詳しく再現されている。

フレディの恋人たち、家族、友達、音楽業界の重鎮、ミュージシャンやプロデューサーといった彼の人生のカギを握る人々の証言を得た本書は類書とは一線を画し、世間でのフレディ像だけでなく、東アフリカに生を得て伝説となったひとりの男が自分自身をどう見ていたのかということも深く掘り下げている。

波乱の生涯を送ったフレディを温かく見守りながらもその真実に肉薄する本書は、音楽業界で誰よりも複雑で誰よりもこよなく愛された人物の最新の肖像画である。
生い立ち、少年時代、栄光、恋人たち、そしてエイズとの戦い---。
数多くの証言から「真実」を浮かび上がらせた決定的伝記。

【目次】
イントロダクション モントルー
第1章 ライヴ・エイド
第2章 ザンジバル島
第3章 パンチガニ
第4章 ロンドン
第5章 クイーン
第6章 フロントマン
第7章 メアリー
第8章 トライデント
第9章 EMI
第10章 若き野郎ども
第11章 ラプソディ
第12章 名声
第13章 チャンピオン
第14章 ミュンヘン
第15章 フィービー
第16章 南米
第17章 バーバラ
第18章 ジム
第19章 ブレイク・フリー
第20章 ライヴ
第21章 ブタペスト
第22章 ガーデン・ロッジ
第23章 バルセロナ
第24章 旅立ち
第25章 伝説

■著者について
レスリー・アン・ジョーンズ
ジャーナリスト、新聞のコラムニスト、TVキャスター。音楽・メディア業界で30年以上の実績を持つ。記者としてクイーンをはじめ、ポール・マッカートニーやデヴィッド・ボウイなど数々のミュージシャンに同行した。映画『ボヘミアン・ラプソディ』の脚本家、ピーター・モーガンは、脚本執筆にあたってレスリー・アン・ジョーンズをコンサルタントとして雇っている。

■訳者について
岩木 貴子(いわき・たかこ)
早稲田大学文学部、ダブリン大学文学部卒業。訳書に『人々の声が響き合うとき:熟議空間と民主主義』(早川書房)、『繊細で生きにくいあなたへ』(講談社)、『ダライ・ラマのビジネス入門』(マガジンハウス)、『つながりすぎたグローバル経済』(オープンナレッジ)、『スティーヴン・タイラー自伝』『ミック・ジャガー〜ワイルド・ライフ〜』『本番に強くなる!〜演奏者の必勝メンタルトレーニング〜』(すべてヤマハミュージックメディア)などがある。

【著者紹介】
レスリー・アン・ジョーンズ : ジャーナリスト、新聞のコラムニスト、TVキャスター。音楽・メディア業界で25年以上の実績を持ち、これまで8冊の著作が出版されている

岩木貴子 : 早稲田大学文学部、ダブリン大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • chiru さん

    友達に強引に誘われて観た『ボヘミアンラブソディ』の映画と本の感想。栄光と挫折とリブートの話かと思ってけど、全然違いました。主人公を“英雄”ではなく“人間”として描く、心に深く突き刺さる映画でした。恋人として最愛の相手はそばにいたけど、人間としていちばん好きで、自分の人生を明るく照らしだしてくれたのはメアリーだったと思う。その存在を失う辛さに胸が塞がれてしまう。心から好きなことに真剣なら、間違ってもやり直せる。命にリミットがあっても、人生に『時間切れ』はないんだなって思いました。★5

  • はるき さん

     現在公開中の「ボヘミアン・ラプソディー」の余韻にひたりながら読む。詳細な資料を基に彼の内面を掘り下げる重厚な考察でした。彼の歌が何故あんなにも切実で寂しく、それでいて力強いのか?ファンならずとも興味深く読めそうな良書です。

  • kuri8655 さん

    「動けなくなるまで、今迄どおり仕事がしたい」その望みに力を貸して貰えるだけの人間関係を作り上げていた人なのだな、と思った。ゆかりの人達のインタビューを丁寧に並べ、結果として複雑に煌めく主人公を浮かび上がらせている。2011年迄の取材結果が活かされていて、特にファンにとって訪ねてみたい聖地である生まれ故郷の島や湖畔のスタジオ、そして終焉の地の現状が興味深かった。ジャーナリストの冷徹な視点と、一ファンとしての敬愛のバランスのとれた優れた評伝だと思う。1985年の「ライヴ・エイド」のDVDを併せて観たくなる。

  • あや さん

    曲を何曲かしか知らなかった私が、映画を観てからクイーンの大ファンに。 街を歩けば知らない間にクイーンの曲を口ずさみ、書店に行けばクイーン関連の書籍を読み漁る…。 そんな楽しい日々の中でこの本に出会いました。 平成の終わりから読み始め、年号がかわって数日経った今日読了。 色々な真実を知ることができ、改めてクイーンを好きになりました。 映画館で何度も見たボヘミアン・ラプソディーを、また違った見方で観れそうです。

  • Takeya さん

    フレディは謎の多いスターでもあった。東アフリカはザンジバルでの幼年時代からインドでの学校時代、一家でのロンドンへの亡命、クイーンの未曾有の成功、そしてエイズによる悲劇的な最期までの真実の姿。厳格なパールシー教徒の両親に育てられたフレディは、大人になっても自分の性に戸惑い、罪の意識にさいなまれ、女性とも男性とも深い関係を持つ様になった。そんなフレディは曲作りに慰めを見出し、彼の苦悩や歓びが込められた古典的なヒット曲の数々は様々なジャンルにまたがり、今日でも聴く者の胸を揺さぶる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品