レイ・ブラッドベリ

人物・団体ページへ

とうに夜半を過ぎて 河出文庫

レイ・ブラッドベリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309467986
ISBN 10 : 4309467989
フォーマット
出版社
発行年月
2024年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
480p;15

内容詳細

荒廃した火星に隠された伝説の青い壜(「青い壜」)、いじめっ子を殺しに故郷に帰った男の完璧な復讐(「非の打ち所ない殺人」)、すべてを与える代わりに結婚を望む魔女(「全量服用、群集の狂気を阻む薬」)…。恐怖の愉悦と幻想の遊戯に満ちた、めくるめく二十二篇。SFの詩人が贈る、とっておきの作品集。

【著者紹介】
レイ・ブラッドベリ : 1920‐2012年。イリノイ州生まれ。宇宙時代の抒情詩人との異名を取る、アメリカ文学を代表する幻想作家。47年、初めての作品集『黒いカーニバル』を発表。50年に刊行した『火星年代記』は世界的な評価を受ける

小笠原豊樹 : 1932‐2014年。翻訳家。岩田宏の名で詩集『いやな唄』『頭脳の戦争』ほか著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Shun さん

    ブラッドベリ作品集。1冊がなかなかのボリュームで実に22篇のSFや幻想小説が詰まっています。著者の作風でSFや幻想ものはいくらか読んできましたが、本作収録の「ある恋の物語」という作品だけは異色の作風と思える純粋な恋物語のようでした。それも含めてこの作家の種々多様な物語世界が堪能できる1冊となっています。そしてやはりSF作家ブラッドベリと呼ぶよりも抒情詩人との呼び名の方が相応しく思えるこの抒情的な文章に浸ることができ、現実を忘れて愉悦の読書時間を愉しむことができた。

  • ハルト さん

    読了:◎ 幻想的でありながら、どこか奇妙さも持ち合わせる。SFっぽさもとうぜんある。さまざまなテーマ、さまざまなジャンルが合わさった、二十二編の短編集。世界観もだけれど、心理面もしっかり書かれていて、その豊かな語らいが短編として以上の満足感を与えてくれる。やっばりブラッドベリはいいなあ。

  • ふりや さん

    ナミサトリさんの装画に惹かれて購入した久し振りのブラッドベリ。自分の中ではSFや怪奇幻想のイメージが強かったブラッドベリですが、この短編集には実に様々なバリエーションの作品が収録されています。詩的だったり叙情的だったりする物語たち。それからゾッとするものやユーモラスなものまで。20〜30ページの短編を毎日少しずつ読むのがとても楽しかったです。印象に残ったのは、『親爺さんの知り合いの鸚鵡』『第五号ロボットGBS』『非の打ち所ない殺人』『罪なき罰』『ある恋の物語』『板チョコ一枚おみやげです!』など。

  • スプリント さん

    どの作品も一定の水準以上なのだが記憶に残る作品はなかった。おそらくレイ・ブラッドベリのSFを下敷きにした多くの作品に触れてしまったのでどことなく既視感があったせいだと思う。こちらが源流であることは理解しているのだが。

  • OHNO Hiroshi さん

    22 haunting and celebrations.Ray Bradbury 1920-2012。イリノイ州生まれ。すべて男たちが求めていたもの、疑惑、責苦、単調、貧困、孤独、恐怖の終わり、すべての終わり。私とラルフは同じ45歳、だがラルフは頭髪の大部分を失い、残っているのは白髪まじひの申し訳程度の髪の毛、まるで60歳あるいは65歳を見える。若く見えろうがなんだろうが実際の年齢がすべてだ。見映えにこだわるのはなんで? 人が何冊読もうがなんで? 自分がどう楽しんで読書してるかだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

レイ・ブラッドベリ

1920‐2012年。イリノイ州生まれ。アメリカ文学を代表する幻想作家。47年、初めての作品集『黒いカーニバル』を発表。50年に刊行した『火星年代記』は世界的な評価を受ける

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品