ルーマー・ゴッデン

人物・団体ページへ

台所のマリアさま 児童図書館・文学の部屋

ルーマー・ゴッデン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566011366
ISBN 10 : 4566011364
フォーマット
出版社
発行年月
1981年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,116p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 帽子を編みます さん

    大好きな本です。一見冷たい印象のあるグレゴリーですが、捨て猫だったルートルヘの態度を考えると愛情深い性質です、ただそれを外に表すことはなかった。今回マルタの秘められた悲しみに気づき、それを解消してあげたいという強い気持ちが彼を動かします。傷ついた人のために動くこと、自分で考え行動すること、強い思いが次々に周りの人々を動かします。慎重に作業を進めて、試行錯誤を繰り返し、イコンを完成します。カラーページのコラージュのイコン、まさにぴったりで何度も見比べてしまいます。温かな涙、幸せな気分に満ちて終わります。

  • ぶんこ さん

    繊細すぎるグレゴリーは、家族でさえも自分の世界に入らせない9歳の男の子。両親はともに建築家で多忙。家政婦さんはウクライナからの難民で年配のマルタ。歴代の家政婦さんには馴染めなかったグレゴリーですが、マルタには心許す。そのマルタの心の拠り所が、台所の“いい場所”。マルタを笑顔にしたい一心で“いい場所”を手作りする必要に迫られて、外の世界へ踏み出します。大英博物館、高級宝石店、帽子屋さん、お菓子屋さんへ。妹のジャネットも素晴らしい相棒ぶりで助けます。“いい場所”が聖母子像だったのも印象的でした。

  • ヴェルナーの日記 さん

    本作品で重要な存在であるイコン。イコンとは、およそ聖画像のことであり、イエス・キリスト、聖人、天使、聖書における重要出来事やたとえ話、教会史上の出来事を画いた画像であり、本作では幼子イエスを抱くマリアということになる。イコンの歴史には、紆余曲折があり、一時期は異端として徹底的に破壊された。その後、復興を遂げるが、おもにロシア正教会の活動が活発だった。本作品に登場するマルタは、ウクライナ人であり、まさにロシア正教徒であろうと思われる。ウクライナといえば、古くから政治的不安定さによる紛争の絶えない地域である。

  • joyjoy さん

    10数年ぶりに開く。自分の世界に閉じこもりがちだったグレゴリー少年が、お手伝いのマルタ(ウクライナからの難民!)を喜ばせたいと、贈り物をするために大奮闘。自分から人と関わり始め、友達もでき、大切にしていたものも犠牲にし、と、その変化に胸が熱くなる。挿画も物語の雰囲気にぴったりですばらしい。地味だけど、しみじみ好きだなぁと再確認。初読のあと、マルタのように台所にいい場所が欲しくて、自分でも台所に聖母子画を掛けたのだった、と思い出す。子どもの頃に読んだら、きっとグレゴリーを真似て工作を始めたくなっただろうな。

  • シュシュ さん

    とても面白かった!大人からは気難しいと思われいる9才の少年グレゴリーの心の内がよく描かれていた。両親が共働きのグレゴリーの家にはウクライナから来た難民のマルタというお手伝いさんがいる。故郷を離れて風習の違う国に住むマルタの悲しさを一番感じているのはグレゴリーだった。グレゴリーは大好きなマルタのために聖母マリアの絵を手作りする。そして、作るためにいろいろと行動することでグレゴリー自身も成長する。挿し絵もよくて、いい本だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品