ビッケと木馬の大戦車 評論社の児童図書館・文学の部屋

ルーネル・ヨンソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566013834
ISBN 10 : 4566013839
フォーマット
出版社
発行年月
2012年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
269p 20×13cm

内容詳細

今から千年ほど昔、スウェーデンやノルウェーの海岸には“バイキング”とよばれる人たちが住んでいました。第五作目では、ビッケと仲間のバイキングたちが故郷を遠くはなれた地でどうもうなブルドゥース人と戦うはめに。さあ、どうなるでしょう?!―。

【著者紹介】
ルーネル・ヨンソン : 1916年〜2006年、スウェーデンのニーブロに生まれる。児童文学作家。1963年に、『小さなバイキング ビッケ』を刊行、1965年のドイツ児童図書賞を受賞した

石渡利康 : 1936年東京に生まれる。早稲田大学大学院修了。コペンハーゲン大学、ウプサラ大学に学ぶ。日本大学国際関係学部教授を経て、日本大学名誉教授。専門は国際法、北欧法。博士(国際関係)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ともりん さん

    ハルバル父さん、子供が自分と同じように育たないことを受け入れ、自分と違う特徴を認め、褒め、伸ばす。 父の鏡だな〜。

  • tonchinkan1126 さん

    ビッケのシリーズ。 あまり順番を気にせず図書館から借りたら、1・5・6だった事実。1は知ってたと言うかわかりやすからね。5・6は予想外でした。ただ何処から読んでも問題はなし。 そしてこの話、海賊なのにひたすら陸上戦。 一度も海に出ない。素晴らしい作者の勇気。 この話の良いところは、諦めずに方法を探る事。 他人の意見を尊重するところ。 敵に対して人道的なところ。 最悪の敵が大抵ビッケ達の優しさに触れて改心する。何度攻め込まれても、決して相手が苦しむような作戦はとらない。簡単なようで一番難しい。

  • JUNSEI さん

    変な真似をしやがって、と思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ルーネル・ヨンソン

1916年〜2006年。スウェーデンのニーブロに生まれる。児童文学作家。1963年に、『小さなバイキング ビッケ』を刊行、1965年のドイツ児童図書賞を受賞した

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品